『鈍獣』舞台挨拶を凍りつかせたジェロの一言とは?|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2009/5/10 21:29

『鈍獣』舞台挨拶を凍りつかせたジェロの一言とは?

「何度も殺されるけど、僕は最後まで死にません!」と、驚きの発言が飛び出たのは5月16日に公開される『鈍獣』完成披露試写会での一幕。本作で超人的に鈍感な主人公“凸やん”を演じた浅野忠信は、意気揚々と作品の出来栄えについて語った。

また北村一輝、ユースケ・サンタマリアら共演陣も上機嫌で、本人の代わりに出席(!?)した真木よう子パネルに絡みながら、現場の思い出話に花を咲かせた。

そんな中、映画初出演のジェロがいきなり「楽しい現場だったけど、みなさん割り切ってやってましたよね」と洩らし、一瞬にして会場は冷ややかな空気に包まれてしまう。だがすぐに「“割り切って”ではなく、役に“なりきって”がんばりました」との訂正が入り場内は大爆笑。再び暖かい空気に包まれ、和やかな雰囲気のまま舞台挨拶は終了した。【ワークス・エム・ブロス】

関連作品

  • 鈍獣

    3.6
    0
    浅野忠信主演で宮藤官九郎の岸田國士戯曲賞受賞の同名舞台を映画化
    Amazon Prime Video