汚れた血:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
汚れた血
汚れた血
-

汚れた血

1988年2月6日公開、119分、恋愛
  • 上映館を探す
  • みたい
    2
  • みた
    3
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

近未来の世紀末のパリを舞台に男女三人の愛の物語を描いてゆく。製作はアラン・ダアンとフィリップ・ディアス。監督・脚本はレオス・カラックスで本作品が日本公開第一作になる。撮影はジャン・イヴ・エスコフィエが担当。音楽はベンジャミン・ブリテン、プロコフィエフ、チャールズ・チャップリンの曲を使用。出演はドニ・ラヴァン、ジュリエット・ビノシュ、ミシェル・ピッコリほか。

ストーリー

あと数年で21世紀を迎えようとしているパリだが、街には格別の変化はなく、ただ地下鉄が真赤に塗られ、彗星が近づいているために夜が恐ろしく暑かった。そして人々は、愛のないセックスによって感染するまだ治療法がみつからない新しい病気「STBO」の蔓延に恐怖を抱いていた。天涯孤独の少年、アレックス(ドニ・ラヴァン)は、どこか別の場所で新しい人生を送りたいと思っていた。ガールフレンドのリーズ(ジュリー・デルピー)と過ごす愛のひとときさえも彼には無意味だったし、後世に何かを残したいというわけでもない。やがてアレックスは、亡き父親の友人の中年男マルク(ミシェル・ピッコリ)と美少女アンナ(ジュリエット・ビノシュ)に誘われ、脱出の為の金欲しさに犯罪に手を貸す。そしていつしかアンナを愛するようになるのだが…。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Mauvais Sang
製作年
1986年
製作国
フランス
配給
ベストロン映画
初公開日
1988年2月6日
上映時間
119分
製作会社
フィルム・プラン・シャン=ソプロフィルム=FR3フィルム・プロ
ジャンル
恋愛


[c]キネマ旬報社