巴里・紐育:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
巴里・紐育
巴里・紐育

巴里・紐育

1940年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

イヴ・ミランドの得意とするスター総出演の「グランド・ホテル」型映画。シナリオはミランドの書き下ろしで、演出には始めクロード・エイマンがミランドと協力して当たっていたが、大戦勃発後ジョルジュ・ラコンブがエイマンに代わった。撮影も同様に、始めはロジェ・ユベールであったが、後にウィリーに変更された。装置はアンドレイエフ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ル・アーブルから紐育に向けて行く豪華船ノルマンディ号。この汽船に乗った人びとは、父親たるアメリカの億万長者ビリンガム(ルネ・アレクサンドル)の反対にも拘らず、若い記者ポール(クロード・ドーファン)を恋するジェーン(ジゼール・プレヴィル)、小説家カスタニェール(マルセル・シモン)とその妻(マルグリット・ピエリー)及びカスタニェールの秘書と称する女(ガビ・モルレ)、パトロンを物色しているミス・ドーヴィル(リーズ・クールベ)とそのマネージャー(ジュール・ベリー)、厳格なブルジョア紳士(エーメ・クラリオン)と元女優のその妻(シモーヌ・ベリオー)、宝石泥棒(アンドレ・ルフォール)とその連れ(モーリス・エスカンド)、それぞれ要務を以って乗船した二人の私立探偵(ミシェル・シモンとジャック・ボーメー)などである。そしてビリンガムの謎の失踪、宝石紛失などが船中の大事件として突発する。

作品データ

原題
Paris-New York
製作年
1940年
製作国
フランス
上映時間
0分
製作会社
レジナ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?