曽根崎心中(1978)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

曽根崎心中(1978)

1978年4月29日公開,112分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

元禄の女の自我と、商人の意地とバイタリティを描く、近松門左衛門原作の同題名小説の映画化。脚本は「肉体の悪魔」の白坂依志夫と、「大地の子守歌」の増村保造の共同執筆、監督も同作の増村保造、撮影は「春男の翔んだ空」の小林節雄がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大阪内本町の醤油屋・平野屋久右衛門の手代・徳兵衛は、堂島新地天満屋の遊女・お初と深くいいかわしていたが、天満屋の亭主の吉兵衛とお内儀は、徳兵衛は律儀者だが、銭にならぬので深入りしないよう、事あるごとにお初に文句を言っていた。徳兵衛の正直さを見込んだ、彼の主人であり、伯父でもある久右衛門は、自分の妻の姪・おはると徳兵衛を一緒にさせようと考え、否応いわせぬために、徳兵衛の継母であるおさいを呼びつけ、銀二貫目を渡した。金にいとめのないおさいに、異存があるはずはなかった。久右衛門からこの話を聞いた徳兵衛は驚いた。母と勝手に相談して祝言をおしつけるとは、いくら旦那様でもひどすぎると、懸命に抗議する徳兵衛に、久右衛門は、新地の女郎と関り合いおはるを嫌うなら、この話を止めてもよいが、母親に渡した金を来月七日までに返す事、できない場合は、大阪から追放するという条件を持ち出した。大急ぎで田舎の母親のもとを訪れた徳兵衛は、やっとの思いでその金を取り戻した。一方、天満屋では、訪れぬ徳兵衛の事を心配し続けるお初に、好意を持たぬ客からの、身うけ話が持ち上っていた。田舎からの帰路、徳兵衛は偶然、親友の油屋九平次に出会った。青い顔をした九平次は博打に負け、自分の店を売らなければならない破目に陥っている事情を徳兵衛に話した。親友の窮状を見るに見かねた徳兵衛は、その金を、来月三日の朝までに返済するように約束し、九平次に貸した。この金が返らないと死ななければならないと念をおす徳兵衛に、必ず返すからと、九平次は証文を書いて徳兵衛に渡した。しかし、約束の三日の朝が来ても九平次は姿を現わさなかった。翌日、店を尋ねながらも九平次に会えなかった徳兵衛は、とりまきをつれて、九平次を追った。金の返済を強く要求する徳兵衛に、九平次は金を借りたおぼえもないとしらを切るのであった。徳兵衛は証文を見せるが、その証文の印は、以前に落したもので、お町衆にも改印届を出してある。九平次は逆に、落した印をひろって証文に押し、金を取る気かと、ひらきなおるのだった。激怒した徳兵衛は九平次につかみかかるが、逆に九平次に加勢した数人の連れにさんざん、なぐられてしまう。たまたま、田舎客に連れられて大阪三十三所の観音廻りをすませたお初もこの場に居会わせたが、どうすることも出来ぬままに、客に連れ去られてしまった。主人に金も返せず、衆人環視の場で恥辱を受けた以上、自害してこの不名誉を雪ぐほかはないと、こっそりと夜蔭にまぎれてお初の許を訪れた徳兵衛は、自分の決心を語る。お初もこれに同情して心中の決意を固め、ついに両人手を携えて曽根崎の森へと、向うのであった。

作品データ

原題
Double Suicide at Sonezaki
製作年
1978年
製作国
日本
配給
ATG
上映時間
112分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2011/7/4

    シェイクスピア(英)、モリエール(仏)そして我が近松(日)がほぼ同時代人であることは、驚き、桃の木、山椒の木。五輪大会に例えれば、近松が金、銀、銅の内、どのメダルを取れるかは難しいところ。日本人としては、もちろん金を狙って欲しいが・・・。
    まあ冗談はさておき、世の中がようやく商人(町人)の時代になって来たという実感が流布していたと思われる。その中で世の中を才覚で渡って行くか、意地を通すか。お初の梶芽衣子は、盛んに「意地」を言うが、これが現在では個のアイデンティティか。対する、 宇崎竜童の徳兵衛は優柔不断だが、自身詐欺にあって、世の無情に目覚め、死を決意する。しかし、よくよく考えてみれば、これは、結婚に対するアンチテーゼで、意に染まぬ結婚なら死を選ぶという究極の選択を言っているものか。
    ともかく400年生き延びた戯曲の力を見よ。そして梶芽衣子の日本女性としての究極の美しさ。ロミオとジュリエットも運命の悪戯で共に死を選んでしまった。この悲劇。これからも永遠に人間の「業」を示して下されい。

    違反報告