団鬼六 薔薇の肉体|MOVIE WALKER PRESS
MENU

団鬼六 薔薇の肉体

1978年9月9日公開,72分
  • 上映館を探す

大都会に棲む女達の哀しい定めと、夜毎繰り広げられる生々しい痴情の数々を描く。脚本は大野武雄、監督は「若妻が濡れるとき」の藤井克彦、撮影は「女高生 天使のはらわた」の水野尾信正がそれぞれ担当している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

バー“青蛾”のママ、寺田律子は、暴力団の出入りに絡んで刑務所に入った夫、哲の為、組からのオトシマエを迫られ、それを返す為にラブホテルでいかがわしいショーを客に見せて金を作っていた。哲の弟分竜次と恋人の百合も一枚かんでいた。ある日、何も知らないバーの客を相手にライブショーを演じる律子を、隣の部屋からマジックミラー越に、客に混って宮原組の弁護士、神島が見ていた。そのとき、神島は、律子が相手の持っているキーホルダーの鈴の音に興奮するのに気付いた。三人はその日得た金で全てを返済するつもりだった。しかし、律子は、組に金を返しに行く途中、金を奪われてしまう。返済を延ばしてもらうように頼むが、宮原は律子に神島の女になれば許してやると条件を出すのである。哲と別れ神島の女になるくらいならと、ライブショーを選んだ律子が、ある日、百合とレスビアンショーを演じていると、突然警察がやって来た。律子を警察に引き取りに来たのは宮原と神島だった。そこで、金を奪われたことや、警察の手入れなどが二人の仕業と気付いた律子は、神島に身を委ね、それを写真に撮って脅迫しようと計画した。マゾの神島を憎しみに燃える律子は鞭をふり下し責めさいなんだ。異様な光景がカメラに収められた。三人は脅し取った金でアパートを借り、身を隠した。しかし、狭いアパートに三人の男女が寝起きすることは、亀裂を生む結果にもなった。律子と竜次の関係に嫉妬した百合が部屋を飛び出して、宮原組に見つかり、飢えたチンピラの餌食になってしまった。百合から律子の居所を聞きだした宮原は、律子を事務所の地下室に連れ込み、ロープに吊るして神島にいたぶらせるのであった。哲が殺されたことを知り悲しみと苦痛に耐える律子を神島は責めた。鈴を秘所に押し込められた律子は、欲情が体内にひろがるのを感じた。その鈴は、哲の形見のお守札についていた鈴だった。

作品データ

製作年
1978年
製作国
日本
配給
にっかつ
上映時間
72分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?