現代任侠史|MOVIE WALKER PRESS
MENU

現代任侠史

1973年10月27日公開,96分
  • 上映館を探す

企業化を目的に、抗争から協定への移行を図る現代暴力団絵図の実態の中で、恋と義侠心の板ばさみとなって燃える残侠の男の姿を描く。脚本は「人間革命」の橋本忍、監督は「やさぐれ姐御伝 総括リンチ」の石井輝男、撮影は「女番長 感化院脱走」の古谷伸がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

銀座“寿し銀”の主人・島谷良一は、筋金入りの元松田組の最高幹部であったが、母の死により、約束されていた二代目の地位を捨て、やくざ渡世から足を洗っていた。良一が去ったあとの松田組は、先代の実子である初治が二代目を継ぎ、若者頭である中川、分家の船岡といった屈強な若者達で構成されていた。ある日、大阪の永井組の若者頭・栗田光男が、縄張りの競争阻止等の連合会結成を提案すべく上京した。関東懇心会の世話で関口組々長・関口が音頭をとり、各組の親分が招集されたが、永井組の関東進出、関口の松田組の縄張り乗っ取りの策略とにらんだ松田は、この提案に反対した。その頃、南方で戦死した良一の父の遺品である銘刀・備前宗近が米国の博物館に保管されていることが判明し、良一は渡米してその刀を引きとった。マスコミはこの事を大々的に報道した。ルポライターの仁木克子もその一人で、克子は良一の律儀な性格に好意以上のものを抱き始めた。一方、関口の松田に対する挑発が始まった。抗争を未然に防ごうとする船岡は激しく松田に詰めよった。窮地に立たされた松田は、ある日、良一に世話になった礼を云い残し、単身関口組へ殴り込み、凄惨な最後を遂げた。良一は殺気立つ中川を説得し、仲裁に入った栗田は何とか手打ちを行った。だが栗田は、自分の親分である永井と関口が裏で手を結んでいることを知り、最後の頼みの綱である政界の黒幕・湯浅正一のもとへ向った。一方、船岡は、自分が松田を死に追いやったことを悔み、勝気な女房・エリと二名の子分を伴って、永井と関口が密議を行っている神戸へ乗り込んだ。だが、これは関口が書いた絵図で、東名高速で関口組のダンプに襲われ全員殺されてしまった。個人の利益しか考えない湯浅の胸中を知った栗田は、死を覚悟のうえで永井と関口に詰めより、一日も早く連合会を実現させ、関口に会長の座を与える代りに、松田組から手を引くように確約を得た。栗田の力で抗争は終結したと思った良一は、上京する栗田を中川が駅に迎えに行っている間、イキのいい寿しを握っていた。その時、二発の銃声が良一の手を止めた。外には絶命した中川、駆けつけた良一の腕の中で栗田は息を引きとった……。三日後、父の死地であるペリリュウー島から帰国した良一の手には、あの備前宗近と、克子から湯浅の家に永井と関口が一堂に会しているとの電報が握られていた……。

作品データ

製作年
1973年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
96分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6
  • 晴耕雨読

    5
    2009/8/18

     東映任侠映画の着流しヤクザが衰退していた時期、次の起爆剤となった実録やくざ映画も大量に製作されてしまい次第に飽きられた頃に東映が、名脚本家の“橋本忍”を招待して書き上げられたオリジナル脚本による“ジャパニーズ・ギャングスター”映画の傑作です。監督は日本のテレンス・ヤング(※私が勝手に命名)の石井輝男なので文句なしのエンターテインメントに仕上がっています。

     大東亜戦争における激戦地“ペリリュー島”はオレンジビーチと形容された位に日米双方の兵隊の血が流されたパラオ諸島の一つの島でしたが、両国にとっては絶対に確保しなければならない必要な地点だったのです。高倉健扮する元ヤクザの寿司職人の父親がここで戦死をしますが、その父親の日本刀がアメリカ兵から返還され、映画は飛行機から降りる健さんのシーンから始まります。飛行機のタラップで、キャビンアテンダントが、健さんに日本刀を渡すシーンは映画的描写として(※ありえないだろ~、何て言わずに…)寛容に観て下さい。このシーンはかつての東映映画では無かった重厚な雰囲気が溢れていますし、バックに流れる音楽♪も見事です。

     ペリリュー島を取材するルポライターに梶芽衣子が扮して、全く違った彼女の魅力をみせてくれます。「修羅雪姫」や「女囚・さそり」、「野良猫ロック」のイメージは全くなく、そのスレンダーボディにはフェミニンなコスチュームがよく似合っています。脇役陣も引き締まったキャラクターの俳優たちが出演していて、“約束”の大切さを描きます。安藤昇、成田三樹夫、夏八木勲、 郷えいじ(※文字化けしてしまうので平仮名表記にしました…)の真剣な眼差し、田中邦衛、南利明 のコミカルな演技、全ての登場人物たちの魅力全開の名画です。

     但し、従来の東映系の任侠・実録ヤクザ映画とは全く異質な作品です。勿論、東映側はそれを期待しての“橋本忍”起用だと思っています。高倉健と梶芽衣子の悲恋ドラマは涙なしには語れません。また、フィクサー役の辰巳柳太郎の圧倒的存在感は高倉健さえ「小僧」に見えてしまう程の迫力!流石!新国劇の大物俳優と痛感しましたが、当時は二本立て興行が中心だったために、1時間30分チョッとの上映時間では恋愛場面の描写が尻切れトンボの感もあります。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告