クレージーメキシコ大作戦|MOVIE WALKER PRESS
MENU

クレージーメキシコ大作戦

1968年4月27日公開,161分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ゴー!ゴー!若大将」の田波靖男がシナリオを執筆し、「クレージーの怪盗ジバコ」の坪島孝が監督したコメディ。撮影はコンビの内海正治。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

日本で開かれたメキシコ展の会場から、秘宝のありかを知る手掛りとなる石像が盗まれた。盗んだのはムショ帰り早々の花岡組の忠治だったが、逃げる途中、ひょんなことから、石像は大酒飲みの酒井の手に渡った。ぬけ目のない酒井は美術専攻の学生絵美に偽物をつくらせ、それを五百万で花岡組に売りつけたのだ。花岡組はアメリカのギャングのボスから石像を手に入れると命令されていたのだった。偽の石像を待って花岡は秘書の光子とアメリカに飛んだが、光子と結婚するつもりの忠治もその後を追った。一方、進はギャング団のボスが悪性の癌にかかり、名医中村博士に手術させようと日本に来たケンに、間違えられてアメリカに連れられて行った。また、殺人事件に巻き込まれた銀行員の鈴木は、刑事に追われて新婚旅行の行先であるアメリカに逃げ出した。花嫁の雪子もその後を追った。その頃、進はデタラメにやった、癌の手術が成功し、ボスから感謝されたが、居合せた花岡親分に石像が偽物と見破られ、追われてメキシコへ逃げた。そこには忠治と鈴木がいて、同じ日本人ということで、行動を共にすることになった。ある日、美しいメキシコ娘マリアから石像の秘密はピラミッドに隠されている秘宝らしい、と聞いて、三人はピラミッドを捜し回り、ついに大秘宝のありかをさぐりあてた。そのあと、三人はアカプルコに豪遊としゃれこみ、そこに来ていた絵美、光子、雪子と再会した。しかし、彼らをギャング団が狙っていた。一味はまんまと進たちの持っていた大量の宝石を手に入れたが、そこで格闘になった。知らせで駆けつけたメキシコ警察はギャング団を取り押さえ、進たちはメキシコの秘宝を救った大恩人ということになった。

作品データ

原題
Mexican Free-for-all
製作年
1968年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
161分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?