母白雪:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
母白雪
母白雪

母白雪

1956年12月19日公開,78分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

浅井昭三郎と岡本繁男の原案から「霧の音」の依田義賢が脚本執筆、「折鶴七変化 (前後編)」の安田公義が監督する母もの映画。撮影は「天使もお年ごろ」の竹村康和。主な出演者は、「新・平家物語 静と義経」の三益愛子、勝新太郎、「運ちゃん物語」の浦路洋子、「月形半平太(1956)」の入江たか子、「アチャコ行状記 親馬鹿天国」の花菱アチャコ、「霧の音」の浪花千栄子、ほかに浜世津子、鳥居香月子、八木紀子、山茶花究など。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

京都の小料理屋の女将ふじ江は、娘の陽子が、川村流舞踊会に若師匠川村竜一と出ることになり、一緒に名古屋へ行ったが留守中、音の夫良平が現われたと聞き愕然。ふじ江は昔、良平と女剣劇の一座にいたが、やくざの良平は養育費目当てに一人の女児を貰い込んだ。その陽子に、ふじ江はいつしか愛情を覚え、養育費を食い物にする良平と争い陽子を連れ劇団を離れた。料亭に勤めたがそこを追われ思い余って陽子の実の親小峰静子を芦屋の高級住宅に訪ねたが、母の園子に素気なく追返された。以来ふじ江は女手一つで陽子を育ててきた。名古屋の舞台は成功、だが陽子は、竜一との仲を嫉む相弟子妙子の悪意で足を骨折した。竜一の好意で京都の病院へ入院、ふじ江は二人の結婚を許した。ところが陽子の入院先をかぎつけた良平は陽子に会って実の母が別にいると告げた。折から竜一は、彼の親が既に妙子との婚約を決めていたこと、しかし自分は東京へ駈落ちしてでも陽子と結婚すると決意を述べた。すると川村家では陽子の実の親が川村流の後援者小峰静子であると知って、陽子を小峰家の娘としてなら嫁にすると折れて出た。しかし、これはふじ江を愛する陽子が承知しない。遂に竜一が東京行きを、ふじ江と語っている頃、病院の陽子は、養育費をユスろうとする良平に連出され静子と対面していた。静子は喜んだが陽子は、ふじ江以外に母はないと小峰家を去った。だが陽子の幸せを願うふじ江は静子に会い陽子と竜一の結婚を頼み、自分は邪魔と姿を隠した。彼女は昔の剣劇一座に入ったが、ある日、川村流新作発表会のビラに竜一と陽子の名を認め会場へ駈けつけた。母子は再び結ばれ、白雪を背景に舞う陽子の顔も晴々としていた。

作品データ

製作年
1956年
製作国
日本
配給
大映
上映時間
78分
製作会社
大映京都

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?