修羅がゆく7 四国烈死篇|MOVIE WALKER PRESS
MENU

修羅がゆく7 四国烈死篇

1998年3月7日公開,91分
  • 上映館を探す

四国・土佐を舞台に血みどろの抗争を続ける男たちの極道アクションの第7弾。監督は前作から引き続き小澤啓一があたった。脚本は前作に続き「極道三国志」の板倉真琴が担当。撮影は「極道三国志」の鈴木耕一が手がけている。主演は「借王3」の哀川翔。「極道三国志 総長への道」と同時上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

四国は四国連合という不可侵の一枚岩の元、各組は共存の形を取り、関西の最大勢力である光和会にとっても手の出せない地域である。だが、西瀬戸自動車道の建設費1兆3000億円の利権を巡って、やり方を選ばない男、岸田組組長の伊能政治は直系の鮫島に命じ、四国制圧に乗り出した。そんなさなか、新宿・本郷組組長、本郷流一は恩義のある岸田組の先代組長・岸田巌の三回忌の為に高知に来ていた。色めき立っている各組の男たちの中に、じっと耐えている者たちがいた。土佐一家とその組長、桂龍太郎である。挑発されても決して乗らない態度に業を煮やした配下たち。桂の兄弟分である本郷は彼の手助けをするが、身内が殺されてしまう。怒りに燃えた本郷は東京から幹部を呼び出し、地獄の抗争の火蓋を切って落とすのだった。

作品データ

製作年
1998年
製作国
日本
配給
東映ビデオ
上映時間
91分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.4

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?