リトルシティ 恋人たちの選択|MOVIE WALKER PRESS
MENU

リトルシティ 恋人たちの選択

1999年3月27日公開,90分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

妊娠を機に揺れ動く男女の姿を軽快なタッチで描いたラヴ・コメディ。監督・脚本はロベルト・ベナビブで本作品が長編デビュー作。製作はロン・ウェクスラー、ジェフリー・L・デイヴィッドソン、「ジョンズ」のボー・フリンとステファン・シムチョウィッツ。製作総指揮はシンディー・コーワン、『リアル・ブラッド』(V)のマット・サリンガーとマイケル・セイルズ。撮影はランディ・ラヴ。音楽は「ニューヨーク・デイドリーム」のメーダー。衣裳はボン・ジョヴィとシオラにそれぞれヴェルサーチとドルチェ&ガッバーナが提供。出演は「コップランド」のアナベラ・シオラ、「妻の恋人、夫の愛人」のジョン・ボン・ジョヴィほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

サンフランシスコ。ニーナ(アナベラ・シオラ)はタクシー運転手アダム(ジョシュ・チャールズ)とつき合っているが、彼はかつての恋人ケイト(ジョアンナ・ゴーイング)が忘れられない。そんな折りニーナは彼の親友でバーテンダーのケヴィン(ジョン・ボン・ジョヴィ)と関係を持ったため、アダムとの仲はぎくしゃく。アダムがケヴィンの職場仲間レベッカ(ペネロープ・アン・ミラー)と付き合っている噂を聞く中、ニーナの妊娠が発覚。それを知ったアダムもケヴィンもそれぞれ自分の子供だと主張。次第にニーナはケビンの誠実さにほだされ、彼の求婚を受け入れるのだった。

作品データ

原題
Little City
製作年
1997年
製作国
アメリカ
配給
K2エンタテインメント配給(K2エンタテインメント=フジクリエイティブコーポレーション提供
上映時間
90分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?