劇場版 カードキャプターさくら 封印されたカード:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • 映画『劇場版 カードキャプターさくら 封印されたカード』
劇場版 カードキャプターさくら 封印されたカード
劇場版 カードキャプターさくら 封印されたカード

劇場版 カードキャプターさくら 封印されたカード

2000年7月15日公開,82分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

魔法を秘めたカードを封印する“カードキャプター”の少女の活躍を描く、ジュヴナイル長篇アニメーションのシリーズ第2弾。監督は「劇場版 カードキャプターさくら」の浅香守生。CLAMPによる原作コミックをベースに、同じく「劇場版 カードキャプターさくら」の大川七瀬が脚本を執筆。撮影監督に「人狼」の白井久男があたっている。声の出演に「劇場版 カードキャプターさくら」の丹下桜。同時上映「劇場版ケロちゃんにおまかせ!」。2017年12月29日よりリバイバル上映。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

“なでしこ祭”を控え盛り上がる友枝町に、香港から小狼と苺鈴が戻ってきた。さくらは、今度こそ小狼に自分の想いを伝えようとするのだが、何かと邪魔が入って告白出来ない。そんな折、町ではポストや橋が消えるという奇妙な事件が発生していた。エリオルの邸の跡地にオープンした遊園地に不思議な気配を感じたさくらは、その下に封印されていた53枚目の“無のカード”が建設工事で発動したことを知る。全てを無にしてしまう恐ろしいカードを再び封印すべく、立ち上がるさくら。しかし、無のカードはさくらカードを吸い取ってしまったばかりでなく、友だちや町の人たちをも消し去った。「ずっとひとりで淋しかった。友だちが欲しかった」という無のカードに、説得を試みるさくら。そんなさくらの想いが通じたのか、無のカードはさくらカードとなり、みんな元に戻るのであった。そして、さくらは小狼に想いを伝える。

スタッフ

監督、絵コンテ

浅香守生

ゲストキャラクターデザイン原案、コスチュームデザイン、原作

CLAMP

総作画監督、絵コンテ

阿部恒

作画監督

桜井邦彦

作画監督

北尾勝

作画監督

君塚勝教

作画監督

田崎聡

作画監督

春日井浩之

作画監督

濱田邦彦

作画監督

藤田まり子

作画監督

堀内博之

製作

五木田直樹

製作

宮島秀司

製作

渡辺繁

製作

岩瀬安輝

企画

栗原良幸

企画

迫本淳一

企画

角田良平

企画

大川哲植

企画

丸山正雄

プロデューサー

吉田剛

プロデューサー

鶴成孝一

プロデューサー

小森伸二

プロデューサー

小野達矢

プロデューサー

池口和彦

脚本

大川七瀬

撮影監督

白井久男

撮影

スタジオコスモス

撮影

マッドハウス

編集

尾形治敏

編集

尾形編集室

音響監督

三間雅文

美術

池田祐二

音楽

根岸貴幸

音楽プロデューサー

佐々木史朗

特殊効果

谷口久美子

特殊効果

さち

特殊効果

榊原豊彦

特殊効果

前川孝

音響効果

倉橋静男

色彩設計

勝沼まどか

色指定

大野春恵

助監督

田中洋之

主題歌

チャカ

主題歌

丹下桜

主題歌

岩男潤子

演出協力

松尾衛

演出協力、絵コンテ

高柳滋仁

演出協力

川村賢一

演出協力、絵コンテ

坂田純一

演出協力

山口頼房

演出協力、絵コンテ

水野和則

演出協力

まついひとゆき

演出協力

真野玲

演出協力

金子勉

作画監督協力

結城信輝

作画監督協力

芦野芳晴

作画監督協力

蒔田しげる

作画監督協力

仲盛文

作画監督協力

田中比呂人

作画監督協力

菊池聡延

制作デスク

内川仁美

調整

山田富二男

美術監督補佐

高木佐和子

特殊効果

スタジオジブリ

特殊効果

マリックス

絵コンテ

川尻善昭

絵コンテ

兼森義則

音楽プロデューサー

佐々木史朗

作品データ

原題
Card Captor
製作年
2000年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
82分
製作会社
講談社=松竹=バンダイビジュアル=シェルティ=マッドハウス(製作協力 アンバーフィルムワークス/アニメーション制作 マッドハウス)

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?