バトル・ロワイアル 3D|MOVIE WALKER PRESS
MENU

バトル・ロワイアル 3D

2010年11月20日公開,114分
R15+
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

深作欣二監督の遺作「バトル・ロワイアル」を10年の時を経て3D化。中学生同士の殺し合いを描き、公開当時は社会問題まで引き起こしたバイオレンス・ムービー。3D映像とCGをふんだんに使い、弾丸や血しぶきなどの暴力描写を迫力満点かつリアルに映し出す。藤原竜也、柴咲コウら今なお活躍する俳優陣の若かりし姿もよみがえる。

予告編・関連動画

バトル・ロワイアル 3D

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

新世紀の初め、失業者が増え、少年犯罪が多発していた。そんな少年たちを恐れた大人たちは、全国の中学3年生のなかから無作為に選んだ1クラスを最後の1人になるまで殺させるという“新世紀教育改革法=BR法”を公布。その対象クラスに選ばれた城岩学園中学校3年B組の42名は、無人島へ連れて行かれ、殺し合いを始めることに。

キャスト

藤原竜也

藤原竜也

ナナハラシュウヤ

前田亜季

前田亜季

ナカガワノリコ

山本太郎

山本太郎

カワダショウゴ

栗山千明

栗山千明

チグザタカコ

塚本高史

塚本高史

ミムラシンジ

高岡奏輔

高岡奏輔

スギムラヒロキ

石川絵里

石川絵里

ウツミユキエ

神谷涼

神谷涼

ノダサトミ

柴咲コウ

柴咲コウ

ソウマミツコ

安藤政信

安藤政信

キリヤマカズオ

日下慎

日下慎

アカマツヨシオ

松沢蓮

松沢蓮

イイジマケイタ

豪起

豪起

オオキタツミチ

山口森広

山口森広

オダトシノリ

小谷幸弘

小谷幸弘

クニノブヨシトキ

大西修

大西修

クラモトヨウジ

増田裕生

増田裕生

クロナガヒロシ

郷志郎

郷志郎

ササガワリュウヘイ

島田豊

島田豊

セトユタカ

内藤淳一

内藤淳一

タキグチユウイチロウ

広川茂樹

広川茂樹

ツキオカショウ

本田博仁

本田博仁

ニイダカズシ

柴田陽亮

柴田陽亮

ヌマイミツル

横道智

横道智

ハタガミタダカツ

新田亮

新田亮

モトブチキョウイチ

佐野泰臣

佐野泰臣

ヤマモトカズヒコ

木下統耶子

木下統耶子

イナダミズホ

池田早矢加

池田早矢加

エトウメグミ

嶋木智実

嶋木智実

オガワサクラ

三原珠紀

三原珠紀

カナイイズミ

金澤祐香利

金澤祐香利

キタノユキコ

加藤操

加藤操

クサカユミコ

三村恭代

三村恭代

コトヒキカヨコ

日向瞳

日向瞳

サカキユウコ

永田杏奈

永田杏奈

シミズヒロノ

石井里弥

石井里弥

タニザワハルカ

野見山晴可

野見山晴可

テンドウマユミ

花村怜美

花村怜美

ナカガワユカ

井上亜紀

井上亜紀

フジヨシフミヨ

金井愛砂美

金井愛砂美

マツイチサト

関口まい

関口まい

ミナミカオリ

馬場喬子

馬場喬子

ヤハギヨシミ

宮村優子

宮村優子

ビデオノオネエサン

美波

美波

カワダノコイビトケイコ

山村美智子

山村美智子

レポーター

谷口高史

谷口高史

ナナハラノチチ

深浦加奈子

深浦加奈子

バスガイト

岩村愛

岩村愛

ゼンカイユウショウシャノショウジョ

竜川剛

竜川剛

安城三尉

中井出健

中井出健

ハヤシダセンセイ

北野武

北野武

キョウシキタノ

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2010年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
114分

[c]2010「BR3D」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    じぇふりぃちゅうぶ

    2.0
    2010/11/23

    少年による凶悪犯罪が報道等で大きく取り上げられている時期に作られた映画。

    柴咲コウとか栗山千明と言った今ではメジャーになった役者達の駆け出し頃の映像が懐かしい。その一方で前田亜季の様に今では憶えている人も居ないだろう?と思える役者も居るので、時の流れの速さを実感してしまった。

    当時は衝撃的な内容の映画として宣伝されたが、私としてはピンと来なかった。確かに映画としては纏まっているが「仁義なき戦い」の深作欣二もこの程度か?と感じた。

    一番気になるのが、ガンアクションのいい加減さ。何発装填出来ると思っているのか?と呆れてしまったシーンとか、一連のシーンの中なのに、カット毎に銃が異なっているとか、ハンマーが起きていたり、倒れていたりと駄目駄目です。

    今回の3D化もCGで映像を追加しているだけで、その価値を感じない。これをやるなら、上記のガンアクションのシーンの明らかな間違いを直して欲しかった。

    3D映画って、結局は映画会社の鑑賞料金の値上げの口実に使われているだけ!と言う事を再認識した。

    無理して劇場で観る価値を全く感じない。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ホルン

    4.0
    2010/11/21

    土曜のナイトショーで観てきました。
    20時すぎの上映でしたが、お客さんは10名程度とさびしい状態。

    私自身この作品、2Dの上映の時に観ていません。
    今回初めてみて、いろいろと考えさせられました。
    北野武はさすがに素晴らしい。
    山本太郎、柴咲コウも好演。
    ただ、後付けで3Dにしているため、3D効果はいまひとつです。

    違反報告