忍たま乱太郎:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
忍たま乱太郎
4.1

忍たま乱太郎

2011年7月23日公開、100分、アクション
  • 上映館を探す
  • みたい
    1
  • みた
    3
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

NHKで18年間にわたって放映されている人気アニメ『忍たま乱太郎』が、満を持して初の実写映画化。超売れっ子天才子役・加藤清史郎を主演に迎え、『ヤッターマン』などの鬼才・三池崇史がメガホンを握る。脇を固める豪華ゲストの中でも一、二を争う大御所・平幹二朗と松方弘樹の度肝を抜く特殊メイクは必見だ。

配信で観る

ストーリー

代々三流忍者の家に生まれた猪名寺乱太郎は、エリート忍者を目指して忍術学園に入学する。一年は組の同級生、福富しんべヱや摂津のきり丸と仲良くなるが、3人とも何をやってもドジばかり。そんなある日、四年は組・斉藤タカ丸の実家に暗殺者が現れた。乱太郎たちは、タカ丸を救おうと、敵に立ち向かっていく。

スタッフ

監督

三池崇史

脚本

浦沢義雄

原作

尼子騒兵衛

製作

寺田篤

製作

服部洋

製作

中沢敏明

製作

畠中達郎

製作

奥野敏聡

製作

久松猛朗

製作

薄井正人

製作

重村博文

製作

安田正樹

製作

町田智子

製作

喜多埜裕明

製作

坂井宏先

製作

宇留間和基

エグゼクティブプロデューサー

白石統一郎

撮影

北信康

美術

林田裕至

編集

山下健治

照明

渡部嘉

録音

中村淳

装飾

坂本朗

装飾

籠尾和人

音響効果

柴崎憲治

助監督

西海謙一郎

制作担当

善田真也

チーフプロデューサー

田中渉

チーフプロデューサー

厨子健介

プロデューサー

坂美佐子

プロデューサー

前田茂司

共同プロデューサー

花田聖

共同プロデューサー

今井朝幸

ラインプロデューサー

小松俊喜

キャスティング

北田由利子

製作委員会

菊地哲哉

製作委員会

雨宮有三郎

製作委員会

福山亮一

製作委員会

青木真樹

製作委員会

赤羽秀

製作委員会

谷澤伸幸

製作委員会

小松弘明

製作委員会

関はる美

製作委員会

鹿島美穂

製作委員会

清水亮

製作委員会

熊澤芳紀

製作委員会

吉田憲一

製作委員会

鈴木成康

製作委員会

山田秀子

製作委員会

間取美帆

製作委員会

上木則安

製作委員会

清水文緒

製作委員会

山田邦雄

製作委員会

峰岸美加

製作委員会

持原敬之

製作委員会

中村重喜

製作委員会

横尾堅示

製作委員会

安藤雅章

製作委員会

柴田裕司

製作委員会

森山敦

製作委員会

山下義久

製作委員会

高橋きさら

製作委員会

堂下津明

製作委員会

古川秀明

製作委員会

島田友香里

製作委員会

大竹潤二

製作委員会

三好俊夫

製作委員会

松浦敬

製作委員会

榎本淳

製作委員会

柳村努

製作委員会

若林由美

製作委員会

蒲田信弘

製作委員会

奥村傳

製作委員会

小原麗子

製作委員会

加藤裕樹

製作委員会

国本由香

製作委員会

長田匡司

製作委員会

奥村晶

製作委員会

西尾茂

製作委員会

野村美絵

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
ワーナー・ブラザース映画
初公開日
2011年7月23日
上映時間
100分
製作会社
実写版「忍たま乱太郎」製作委員会(電通=セディックインターナショナル=アミューズソフトエンタテインメント=OLM=ワーナー・ブラザース映画=総合ビジョン=キングレコード=ムービック=朝日新聞社=Yahoo!JAPAN=ポプラ社=朝日新聞出版)
ジャンル
アクション

[c]2011 実写版「忍たま乱太郎」製作委員会
[c]キネマ旬報社