劇場版仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル|MOVIE WALKER PRESS
MENU

劇場版仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル

2011年8月6日公開,65分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

様々な生物の力を秘めたメダルを3枚組み合わせて変身し、謎の敵と戦う「仮面ライダーオーズ」の劇場版映画。現代に甦った邪悪な錬金術師の力でオーズが江戸時代へとタイムスリップし、松平健演じる徳川吉宗と豪華共演。バイクにまたがったオーズと白馬に乗った暴れん坊将軍が、力を合わせて悪を成敗するさまが描かれる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

800年前に強力なメダルを作り出し、封印されていた錬金術師・ガラが復活。オーズとアンクからコアメダルを奪い、人々の欲望をメダルに変えていく。その結果、時間の流れがおかしくなり、突如として江戸の街が出現。コアメダルを取り返そうと奮闘する映司たちを助けてくれたのは、自称・貧乏旗本の三男坊、徳田新之助だった。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
65分

劇場版「オーズ・ゴーカイジャー」製作委員会[c]石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 [c]石森プロ・テレビ朝日・東映AG・東映 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2011/9/1

    仮面ライダー1号世代としては、言いたい事はいろいろ有ります。飛び道具(銃器)使い過ぎ(ライダーなら丸腰で戦え!)、あまりに安直なCG多用(初めからキャラクタ商品の種類を増やす魂胆で企画されたのがあまりにも露骨)、天変地異の起こり方がビジュアル的に複雑過ぎ(メダルとの関連なのは分かるが大人が見ても直感的に掴みにくい。せっかくCG使うんだから見せ方考えろよ。)etc. けれどそれを差し引いても、ストーリーは良く考えられていると思います。社会背景の取り込み方もいい。エピソードの詰め込み方も多すぎず少なすぎず。
    ただ、暴れん坊将軍の起用は取って付けたようで、ほとんど通りがかりのような設定だったのは残念。ストーリーとの絡みが”徳川家に献上”だけ?大人の事情で共演場面を増やせなかったのかも知れませんが、これでは単なる客寄せパンダ。しかしそれでも、松平健さんのハマリ方は見事。ライダーと並んでも、怪人と殺陣回りをやっても何の違和感も無い。暴れん坊将軍は、きっとどんな時代にタイムスリップしても絵になります。酒井美紀の悪ノリ(失礼)ぶりも必見。
    同時上映のゴーカイジャーは、子供の母親目当てのキャスティング(男性陣)なのは良く分かりましたが、それ以外に見る物無し。ストーリーもキャラクタデザインも、ヤッツケ仕事もいいとこ。

    最後に:
    劇場は平日昼間なのにほぼ満席。ただし子供と男性は皆無。殆どが30代以上と思しき女性。女性ファンあっての変身ヒーロー。時代は変わりましたね。

    違反報告