アバター(2011):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
アバター(2011)

アバター(2011)

2011年4月30日公開、92分、サスペンス・ミステリー
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「リアル鬼ごっこ」の人気作家、山田悠介が原作を手掛ける学園サスペンス。『告白』のクラス委員長役で注目を集めた橋本愛が主演を務め、地味な生徒から暴走する学園の女王へと変貌する演技をみせる。ネット上の分身となるアバターに、異常なほどのめり込む女子高校生たちの、現実と仮想の境界線が途切れた学園世界を描き出す。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

アバター(2011)

予告編

2011/2/14(月)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

事故が原因で父を亡くした経験を持つ地味な女子高生・道子は、あることがきっかけでクラス内で人気のSNS“アバQ”に参加。アバターの超レアアイテムを手に入れようとのめり込んでいった彼女は、やがてアバQ内でベストドレッサー賞を勝ち取り、ついには現実でも学園の女王にのし上がる。そして心に秘めた復讐を果たしていく。

作品データ

製作年
2011年
製作国
日本
配給
太秦
上映時間
92分
製作会社
「アバター」製作委員会
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]2010 山田悠介/角川書店/「アバター」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?