ミラノ、愛に生きる:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ミラノ、愛に生きる
ミラノ、愛に生きる

ミラノ、愛に生きる

2011年12月23日公開,120分
R15+
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

家族のために自分を抑制して生きてきた富豪の妻が、息子の友人と恋に落ちてゆく姿を描く。主演は「フィクサー」でアカデミー助演女優賞に輝いたティルダ・スウィントン。衣装を担当したアントネッラ・カンナロッツィは、アカデミー賞衣装デザイン賞にノミネートされた。監督は「メリッサP 青い蕾」のルカ・グァダニーノ。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

繊維業で成功を収めたレッキ一族の後継者タンクレディ(ピッポ・デルボーノ)と結婚したロシア人のエンマ(ティルダ・スウィントン)は、イタリアで裕福な一族の妻、3人の子どもの母親として何不自由ない生活を送っていた。家長エドアルド・シニア(ガブリエーレ・フェルゼッティ)の誕生パーティの日。彼女は、“エド”と呼ばれる息子エドアルド・ジュニア(フラヴィオ・バレンティ)の友人でシェフのアントニオ(エドアルド・ガブリエリーニ)と出会う。しばらくして、エドのフィアンセ、エヴァ(ディアーヌ・フレリ)の誕生日パーティでエンマはアントニオと再会、胸のざわめきを覚える。夏になって、ニースで行われる娘エリザベッタ(アルバ・ロルヴァケル)の展覧会に向かったエンマはサンレモに立ち寄るが、そこで偶然アントニオと再会。エドとサンレモにリストランテを開く計画を立てていたアントニオは、予定地へとエンマを案内する。山荘に降り注ぐ太陽と周辺の美しい自然の中で、自分の中の“何か”が目覚めていくのを感じるエンマ。そして2人は情熱的なキスを交わす。やがてエドアルド・シニアが亡くなると、タンクレディはイギリス企業への会社の売却を計画。これに反対のエドだったが、売却先とのビジネスディナーの料理をアントニオに依頼し、エンマとメニューの相談をしてほしいと告げる。サンレモで再会すると、激情に身を任せて身体を重ねるアントニオとエンマ。ロンドンで行われた会社売却の会議から傷心のまま帰国したエドは、アントニオの山荘でブロンドの髪を発見。その瞬間、母エンマと友人アントニオに対する疑惑が芽生える。イギリス企業を招待したディナーの日。気がかりをぬぐいきれず、母の様子を見ていたエドは、やがて母と友人の裏切りを確信し、ディナーの席上を飛び出してしまう。後を追いかけたエンマと庭で言い争ううち、悲劇が訪れる……。

作品データ

原題
IO SONO L'AMORE
映倫区分
R15+
製作年
2009年
製作国
イタリア
配給
ツイン
上映時間
120分
製作会社
First Sun=Mikado Film

[c] 2009 First Sun & Mikado Film. All Rights Reserved [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5 /3件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?