ドラゴンボールZ 神と神|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ドラゴンボールZ 神と神

2013年3月30日公開,85分
  • 上映館を探す

全世界で、世代を超えた人気を誇る鳥山明の同名コミックを完全オリジナル・ストーリーでアニメ映画化。魔人ブウとの戦いから数年後の世界を舞台に、長い眠りから目覚めた破壊の神ビルスと、孫悟空らおなじみの戦士たちが激しいバトルを展開する。映画化にあたり、鳥山自身が原作・ストーリー・キャラクターデザインを手がけている。

予告編・関連動画

ドラゴンボールZ 神と神

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

7つ集めるとどんな願い事でも叶うという伝説の“ドラゴンボール”を探す旅を通し、様々な敵と戦いを繰り広げてきた孫悟空とその仲間たち。魔人ブウとの戦いから数年経ったある日、彼の元に全宇宙のバランスを保つ破壊の神、ビルスが長い眠りから覚め、現れる。果敢に戦いを挑む悟空だったが、ビルスに完敗してしまう。

作品データ

原題
Dragon Ball Z: Battle of Gods
映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
日本
配給
東映=20世紀フォックス映画
上映時間
85分

[c]バードスタジオ/集英社 [c]「2013ドラゴンボールZ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.3
  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2013/4/5

    いや~DB劇場版って17年ぶりだったんですネ~!? 週ジャンで1984年からスタートして10年ちょっと続いた名作漫画でした~ もっとも鳥山漫画では自分は“ドクタースランプ”の方が好みなんですが~ 今作は“Z”後で“GT”前のエピソードって設定らしいですが、鳥山さん監修の完全オリジナルストーリー。いわば書き下ろしって訳です。 特に今回は史上最強の宇宙レベル破壊神が相手なだけに、悟空達が束になって掛かっても相手にならない。というかお馴染みの神々がチビる、神竜が下手に出る程の超越的パワーを持った神が相手です。別に悪者じゃないのですが、自己中・わがまま・気分屋・切れやすいという性格に難ありの最強パワー問題児と言うところです。 強い神には神で対抗するしかないとなりましたが… トニカク、お馴染みの脇役も多数出演してて懐かしさいっぱいでした。 やはり、いつ見ても鉄板定番の悟空が大活躍する、飽きない、錆びない名作です。 是非、ファミリーで外ご飯するついでに見に行ってください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告