遠くでずっとそばにいる|MOVIE WALKER PRESS
MENU
遠くでずっとそばにいる

遠くでずっとそばにいる

2013年6月15日公開,108分
  • 上映館を探す

動画配信

  • unext
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

狗飼恭子の同名小説を「天国はまだ遠く」の長澤雅彦監督が映画化。事故で記憶を失いながらも、過去と向き合うことで自分を見つめ直していく女性の姿を描く。出演は「みなさん、さようなら」の倉科カナ、「サムライダッシュ」の中野裕太、「プール」の伽奈。「リリイ・シュシュのすべて」の監督・岩井俊二が自らの作品以外で初めて長編劇場映画の音楽を手掛ける。

予告編・関連動画

遠くでずっとそばにいる

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

27歳の志村朔美(倉科カナ)は交通事故で記憶障害が起こり、10年分の記憶を失ってしまう。頭の中だけが17歳に逆戻りしてしまった朔美は、自分の周辺で突然起こった変化に戸惑いながらもその状況を楽しんでいた。だがやはり、10年の出来事が気になり始め、恋人と思われる細見良彦(中野裕太)や、高校時代の同級生で性同一障害のため男の子になりかけている大島薫(伽奈)に助けられながら失われた記憶を辿り始める。17歳の朔美にとって見覚えのない鍵、半分だけの絵、そして10年分の写真の束……。やがて朔美は、自分が失ったものは記憶だけではなく、良彦とは“別の恋愛”であることを知り、さらに、記憶をなくした交通事故の半年前に“もうひとつの交通事故”に遭っていたという事実を知る……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
日本
配給
ソニーPCL
上映時間
108分

[c] 2013「遠くでずっとそばにいる」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • barney
    barney
    3.0
    2014/1/20

    自分の記憶が10年分失われるって、いったいどんな感じなんだろう。
    体は27歳で心は17歳!?
    でも朔美はなぜか明るかった。

    細見という彼氏らしき人物に会ったときも、「すごいよ私、記憶ないんだよ」と言って::..................笑えた。
    そして細見と薫(性同一性の元同級生)と共に10年分の自分探しの旅へ..............。

    でも自分は知らないのに、周りは知ってるんだよね~ぇ。
    自分探しに付き合った友達の心境も複雑!!
    そして明るみになった真実........................ラストシーンが胸に響く。

    倉科カナの演技が良かった~ぁ。

    違反報告
  • ミチさん
    ミチさん
    4.0
    2013/6/19

    原作の狗飼恭子さんのことを知らなかったので、Wikiで調べてみました。そうしたら、脚本家だったんですね。この作品の脚本も自身で手がけています。
    そうしてみるとテーマは了解です。つまり自分がもう一度過去に戻ったら、現在の自分はどう見えるかと言うこと。そして回答は「何て嫌な女!」。
    たぶん多くの女性は思春期に大人になりたくなかったのではないでしょうか。大人って、身勝手で、嘘つきで、なのに、何でも許されてしまうという理不尽さ。これがこの作品の大きなテーマでしょう。
    一番気が付くのが、彼女が自分の洋服ダンスを開けるシーン。あそこで、「趣味ワル!」と言って、わざわざ自分の「年齢」のセーラー服を着ます。そこがこの映画を象徴するシーンですね。
    いつまでも、処女で永遠の乙女でいたい、と願う女心、これに対し、現実の方が牙を剥いてきます。
    この映画で面白いのは、謎が最高に高まる「交通事故が2回目だった。」という事実、までですね。そこから先、謎が解明されれば、されるほど、彼女は逆境に陥ってしまいます。ある意味かわいそうな役割です。
    最後は過去を克服したような感じですが、ちょっと残念でしたね。やはり謎は謎のままの方が良いのかもしれません。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告