ビザンチウム:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ビザンチウム
2.8

ビザンチウム

2013年9月20日公開、118分、恋愛/SF/ファンタジー
R15+
  • 上映館を探す
  • みたい
    16
  • みた
    18
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』のニール・ジョーダン監督が、再び血塗られた運命を背負った者と人間との禁断の恋を描くラブストーリー。『ハンナ』のシアーシャ・ローナンが、永遠に16歳の風貌をまとったミステリアスなヒロインに扮し、『007 慰めの報酬』のジェマ・アータートンがその姉役を演じる。

配信で観る

ストーリー

16歳の少女エレノアは8つ年上のたったひとりの肉親であるクララと、見知らぬ街から街へ移り住むような生活を営んでいた。彼女らには人には言えない秘密があったからだ。ところが、海辺の寂れた保養地にたたずむ“ビザンチウム”に身を寄せたある日、エレノアは難病で余命わずかの青年フランクと出会い、恋に落ちる。

予告編・関連動画

ビザンチウム

予告編

2013/7/22(月)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Byzantium
映倫区分
R15+
製作年
2012年
製作国
イギリス アイルランド
配給
ブロードメディア・スタジオ
初公開日
2013年9月20日
上映時間
118分
製作会社
Demarest Films=Lipsync Productions=Number 9 Films=Parallel Film Productions=WestEnd Films
ジャンル
恋愛SFファンタジー

[c]Parallel Films (Byzantium) Limited / Number 9 Films (Byzantium) Limited 2012, All Rights Reserved
[c]キネマ旬報社