円卓 こっこ、ひと夏のイマジン:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
円卓 こっこ、ひと夏のイマジン
円卓 こっこ、ひと夏のイマジン

円卓 こっこ、ひと夏のイマジン

2014年6月21日公開、113分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

“天才子役”の名をほしいままにする芦田愛菜が、口の悪い大阪在住の小学3年生の少女に扮した、映画初主演となるヒューマンドラマ。9歳にして孤独に憧れる、8人家族の末っ子の少女が、ひと夏の経験を通して成長していく姿を描き出す。『きいろいゾウ』などで知られる西加奈子の同名小説を映画化したのは、『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大阪の団地に両親と祖父母、3人の姉と暮らす小学3年生のこっこ。いつも賑やかな8人家族だったが、こっこは幸せな毎日を疎ましく思っていた。人と違うことが一番かっこいいと思っている彼女の一番の親友は隣に住むクラスメイトのぽっさん。待ちに待った夏休みが始まるも、ぽっさんは田舎に行ってしまう事になり、こっこはひとりぼっちに。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
日本
配給
東宝映像事業部
上映時間
113分
製作会社
『円卓』製作委員会(読売テレビ=毎日放送=朝日放送=テレビ大阪=関西テレビ=読売新聞社=電通=東宝=ポニーキャニオン=WOWOW=セカンドサイト=ザフール)(制作プロダクション:セカンドサイト=ザフール)

[c]2014「円卓」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0 /2件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?