渇き。|MOVIE WALKER PRESS
MENU

渇き。

2014年6月27日公開,118分
R15+
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第3回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた深町秋生の小説を、『告白』の中島哲也監督が映画化した人間ドラマ。ある日突然、失踪した娘の行方を捜す父親の姿を通し、関係が希薄になった現代の家族像を浮き彫りにする。役所広司が娘の行方を追う父親を、その娘をCMなどで注目の若手女優・小松菜奈が演じる。

予告編・関連動画

渇き。

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

優等生で容姿端麗な少女・加奈子がある日、部屋にすべてを残したまま失踪してしまう。元・妻の依頼で元・父親の昭和は娘の行方を追うが、実は家族が破綻した原因は彼にあった。そんな事には一切目もくれずに自分の家族像を取り戻そうとする昭和だったが、娘の交友関係をたどっていくうちに、自分が知らなかった娘の意外な一面が明らかになっていく。

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2014年
製作国
日本
配給
ギャガ
上映時間
118分

[c]2014「渇き。」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    3.0
    2014/8/1

    それなりの背景設定はありますが、底の浅い内容。暴力描写を見せるための小手先の小道具としてストーリーがあるようなもの。 ですが、 その暴力描写を「一生懸命やりました!!」という感じの映画。脚本・演出・演技・編集のどれもが最善を尽くした全力投球感にあふれていて、退屈はしません。 役所広司さん本当にお疲れ様でした。 キャラクタ設定がステレオタイプ気味とは言え、小松菜奈の魔性ぶりもなかなか。 でも、同じ役所広司主演のクライムミステリーとしては、1997年公開の「CURE」の方が、ストーリーの独創性も面白さも怖さもずっと上。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    3.0
    2014/6/28

    この作品を観るには、かなりの体力が必要でした。 でも、この作品は始まって1~2分程で、それが必要である事を伝えてくれました。 心して鑑賞する事が出来ました。 体力使えど気力でのりきれ、不思議に疲れませんでした。 加奈子の何処に魅力があるの? 何故、夢中になるの? 男性が好む女性なの? 危険な魅力? 過激すぎて冷静な判断力なくしてる? 父と母の愛は理解出来るけど…

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2014/6/27

    【賛否両論チェック】 賛:容赦ない展開に打ちのめされながらも、因果応報な内容には、不思議と爽快感があり。意表を突かれるラストも見事。キャストもかなり豪華。 否:当然ながら、メチャメチャグロい。展開もかなりハイスピードなので、ついていけないと疲れてしまうかも。  一言でいうと、「因果応報」っていう印象です。最初は良いイメージしかなかった、才色兼備の加奈子。次第にその裏の顔が明らかになるにつれ、彼女を取り巻く悪い人間達や、彼女に惑わされて自ら破滅していく者達の愚かさが、これでもかと描かれていきます。一見なんだか訳の分からないシーンが、最後で綺麗につながるのも見事です。  描写はメチャメチャグロくて、油断していると吐き気がしそうですが、その辺は覚悟して観て下さい。 加奈子が言う、 「落ちた穴が深すぎて、ずっとずっと落ちていく感じ。」 という言葉が全てを物語るような、そんな映画です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    2.0
    2014/6/27

    暴力シーンが多く、結構グロイ! 警察は何で藤島に対してあんな態度? 日時が前後する映画はホント疲れる。 病んだ娘はどうなってくのって気になり観入ってもみたが、結局何を描きたかったのか??? 消化不良の映画でした。 それにしても学割にするような映画???

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告