第5惑星|MOVIE WALKER PRESS
MENU

第5惑星

1986年5月24日公開,108分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ある惑星に不時着した地球人とドラコ星人が始めは敵対しているが、そのうち心が通いあうようになるというSF。製作はスティーブン・フリードマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはスタンリー・オトゥール。監督は「ネバーエンディング・ストーリー」のウォルフガング・ペーターゼン。バリー・ロングイヤーの原作(のちにノヴェライズされた)に基づき、エドワード・カマラが脚色した。撮影はトニー・アイミ、音楽はモーリス・ジャール、ドラコ星人のデザインはクリス・ウェイラス、マット絵とドッグ・ファイト場面はILMが担当。出演はデニス・クェイド、ルイス・ゴセット・ジュニアほか。バヴァリア撮影所とカナリア諸島で撮影された。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は戸田奈津子。デラックスカラー、パナビジョン。1986年作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

21世紀末、地球人は宇宙へ進出し、ドラコ星人との間に壮烈な戦争をくり広げていた。ドラコの戦闘機が宇宙ステーションを襲撃、ダヴィッジ(デニス・クェイド)は迎撃し、敵機の撃墜に成功したものの、自機も損傷を受け惑星フィラインIVに不時着する。敵機も同じく不時着しており、ダヴィッジは戦死した親友の敵を討つために敵に接近する。フィラインIVは荒涼たる火山の溶岩からなり、化石のような巨木の林がどこまでも続く不毛地帯で、時折り隕石が降りそそいだ。ダヴィッジはドラコ星人を襲うが、逆にとらえられた。爬虫類のような皮膚をしたドラコ星人はジェリヴァ・シーガン(ルイス・ゴセット・ジュニア)と名乗った。隕石が落下し、生き残るために互いに協力しなければならなかった。ダヴィッジが砂の中に棲む怪獣に食われそうになった時、シーガンが助けてくれた。互いに相手の言葉を学び、意思が通じあうようになった。ダヴィッジにシーガンはドラコ星人の聖典タルマンを刻んだペンダントを与え′た。2人は一緒に隕石よけのシェルターで暮らすが、そのうちダヴィッジはこの生活が嫌になり、助けを求めて出発した。採掘場でドラコ星人の骸骨を発見。この時代、悪辣な地球人採鉱者がドラコ星人を奴隷にして採掘させていたのだ。ダヴィッジがシェルターにもどると、シーガンの様子が前と違っていた。なんと、ドラコ星人は雌雄同体でセックスなしに子供を産むというのだ。ダヴィッジはシーガンの腹から赤ん坊をとりあげる。シーガンはザミスと名付け、その子が名門の出であること、ドラコの長老の前につれていってほしいと頼んで息絶える。数年がたち、ザミス(バンパー・ロビンスン)は大きくなり、ダヴイッジを叔父としたっていた。ある日、宇宙船が飛来した。ダヴィッジが様子を見に行くと、採鉱者の宇宙船で、ドラコ星人が奴隷労働をさせられていた。ザミスが摺われ、救出に行ったダヴィッジは撃たれた。その後、宇宙軍に発見されたダヴィッジは死体として宇宙葬にされる直曲に息をふき返した。ザミス救出のため、戦闘機を盗むとフィラインIVに向かった。そして採掘場へ行くと、ザミスを助け、ドラコ星人を解放した。彼の行動がきっかけで、地球人とドラコ星人は戦争をやめることになった。ダヴィッジはザミスを長老の前につれて行く。(20世紀フィックス配給*1時間34分)

作品データ

原題
Enemy Mine
製作年
1986年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス
上映時間
108分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?