岸辺の旅|MOVIE WALKER PRESS
MENU

岸辺の旅

2015年10月1日公開,128分
  • 上映館を探す

第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で監督賞に輝いた、黒沢清による夫婦の愛を描くせつないラブストーリー。3年にも及ぶ失踪の後、突然帰宅した夫と共に、かつてお世話になった人々の元を訪れ、愛を深めていくヒロインの姿を描く。深津絵里と浅野忠信が初の夫婦役を演じる。原作は湯本香樹実の同名小説。

予告編・関連動画

岸辺の旅

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

夫の優介が失踪して3年。喪失感を経て、やっとピアノを人に教える仕事を再開した瑞希。ところがある日、突然、優介が帰宅する。「死んだ」と言う優介に誘われるままに瑞希は旅に出る。それは、彼が失踪してから帰宅するまでの3年間にお世話になった人々を訪ねていくというもので、旅を通して瑞希は夫の知らなかった一面も見る事に。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本 フランス
配給
ショウゲート
上映時間
128分

[c]2015「岸辺の旅」製作委員会/COMME DES CINEMAS [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.7
  • rikoriko2255

    YSK

    4.8
    2021/1/11

    人間という生物と、世界の神秘を描いた傑作。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    4.0
    2015/10/12

     3年間失踪していた夫が当然帰ってきて、いきなり自分は死んでいると告げ、そして妻を「きれいなところがあるんだ」と言って旅に誘って、失踪中に関わった人たちのところに妻を連れていく・・・。そんなストーリーに魅力を感じ、「悪人」以来、すっかり深津絵里のファンになったこともあり鑑賞しました。  冒頭の夫が帰ってくるシーンも含め、予想以上にゴースト色が強く幾度かゾクゾクっとしました。それでも本題のラブストーリーは、ぶれることなく深まっていく過程がとても丁寧に描かれていました。  そして、今回も深津絵里の演技はとてもよく、特に後半の夫にまだ話したことがなかった自分の過去を話すシーンの演技ときたらあまりにも自然で、本当にこの二人は夫婦なのかと錯覚させられるほどでした。  好みが分かれる作品と思いますが、日々の忙しさの中で夫婦愛をすっかり忘れてしまった方にはおススメの映画です。  最後に一言! ラスト直前のラブシーンはいらなかったかなぁ・・・

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    1.0
    2015/10/11

    【賛否両論チェック】 賛:様々な人々との出逢いを通して、生前は知らなかった夫の人物像を知っていく中で、主人公が“夫婦”について改めて見つめ直していく姿か印象的。 否:展開は極めて静かなので、退屈で眠くなるかも。内容も、見方によっては結構ホラーな印象。  若干設定に無理がある気はしないでもありませんが(笑)、亡くして初めて実感する“夫婦”という存在の尊さが、不思議な世界観の中で描かれていきます。  ただ、どうしても内容が内容なので、結構描写がホラーチックなシーンがあります。その辺り、怖いのが苦手な人には、やや向かないかもしれません。  展開もかなり静かなので、興味を惹かれないと眠くなること請け合いです。ゆったりとした雰囲気で、大切な人をそっと想い直したい。そんなすっごく大人の方向けの作品です(笑)。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2015/10/1

    名画『ゴースト』を持ち出すまでもなく、死者と交わる映画は数多くあります。しかし、死者が生者に交じり、普通に暮らしている街があるとは…。 深津絵里と浅野忠信は、文句なく、現代の名優です。しかも監督が、黒沢清とくれば、悪くなりようがないですよね。黒沢監督のホラー趣味は、ちょっと引いていますが(笑)。 さて、こういうSF仕立ての映画では、何でもありにすると、かえってつまらなくなります。そこは、抑制が効いていて、本当に死ぬ為の条件が出てきます。そして…という感じですね。後は、ご覧になって下さい。お勧めです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告