レッド・ファミリー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

レッド・ファミリー

2014年10月4日公開,100分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第26回東京国際映画祭で観客賞に輝いた韓国発のユニークな人間ドラマ。偽りの家族を装い、任務に挑む北朝鮮のスパイたちが、隣人の家族とふれあい、次第に彼らに憧れを抱くも、そのことがきっかけで運命を狂わせていく姿が描かれる。韓国の鬼才、キム・ギドグが製作総指揮、脚本、編集を務めている。

予告編・関連動画

レッド・ファミリー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

誠実な夫に美しい妻など誰もがうらやむような4人家族。ところが、彼らは妻役のベクをリーダーとする北朝鮮のスパイで、母国に残された家族の命と引き換えに任務に挑んでいた。隣の韓国人家族との交流を経て、次第に心を動かされていく4人。そんなある日、夫役のキムの妻が脱北に失敗し、ベクは手柄を立てて助けようとするも、失態を犯してしまう。

作品データ

原題
붉은 가족
映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
韓国
配給
ギャガ
上映時間
100分

[c]2013 KIM Ki -duk Film. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    3.0
    2014/10/10

    結論からいって「切つなすぎる」映画でした。生まれた国は自分では選べないし、何が良くて何が悪いかも自分で考えてはいけない(国の思想が決めている)なんて・・・この映画は多少極端に描かれているかも知れませんが、こんな国がいまだにあることが本当に不思議で悲しいです。今回は「家族」をテーマに北朝鮮の人の「気づき」がストーリーの軸になっていましたが、それを気づかしてくれる隣の家族の言動、特に夫婦喧嘩はちょっと茶番すぎてせっかく最後で感動の涙を流したものの★ひとつ減でした。それでも、ラストの「若者たちに期待」というメッセージは十分に伝わりましたし、私も大いに期待したいです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2014/10/9

    【賛否両論チェック】
    賛:見せかけだけだった偽物の家族が、次第に本物の“家族”になっていく様が見事。予想を裏切る衝撃のラストも、感動をより際立たせる。
    否:予告編とは異なり、思いのほかシリアス。グロシーンも結構あり。

     もっとコメディータッチかなと思っていましたが、実際はシリアスかつ重厚なテイストの感動作でした。家族を守るために、ただひたすら偽りの家族を演じるだけだった工作員達が、伸び伸びと生きる隣家の人々と出逢い、少しずつ本物の“家族”になっていく姿に、心揺さぶられます。そして、そんな一瞬の幸せを残酷に引き裂いていく、運命の無情さもまた胸が締めつけられるようです。
     手に針金を通したりなど、結構グロいシーンもありますが、忘れがちな家族のありがたさを痛感出来る感動作といえそうです。

    違反報告