饗宴 重松清原作「愛妻日記」より|MOVIE WALKER PRESS
MENU

饗宴 重松清原作「愛妻日記」より

2006年9月23日公開,62分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

妻の老い始めた体に欲情を感じなくなった夫は、“本当の愛の形”を知った17歳の頃の出来事に想いを馳せる…。重松清の小説「愛妻日記」を、『いつか読書する日』の緒方明監督が映画化した官能ドラマシリーズ第2弾。脚本監修は荒井晴彦。出演は杉本哲太、村松恭子、伊藤洋三郎、速水典子ほか。R-18作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

雅之と恭子は、お互いの老いはじめた身体に、もう欲情しなくなっていた。同じベッドの上、違うバイブレーターを使って、別々に自慰する二人。そんな雅之に本当の愛の形を教えてくれたのは、高校の倫理の先生とその奥さまとの思い出だった。それはまだ、雅之が17歳だったときの出来事。先生の家で奥さまと二人きりになり、思わず奥さまの身体にむさぼりついた雅之が障子の先に見たものは…。

作品データ

製作年
2006年
製作国
日本
上映時間
62分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?