サロメの娘 アナザサイド in progress:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
サロメの娘 アナザサイド in progress
サロメの娘 アナザサイド in progress

サロメの娘 アナザサイド in progress

2016年3月5日公開、70分、アート
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「眠り姫」の七里圭が2014年から取り組んでいる『音から作る映画プロジェクト』の第 3弾『サロメの娘 アナザサイド』の完成に向けた試作品。七里の作品を数多く手掛ける新柵未成が脚本を執筆し、母と娘の相克の物語が繰り広げられる。出演は「告白」などで女優としても活躍するダンサーの黒田育世、「ドロメ 女子篇」の長宗我部陽子。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

“わたしたちは誰?”その娘は母について話し続ける。言葉は踊りとなり、物語が幕を開ける。映画を音から作り始める実験的制作のワーク・イン・プログレス第3弾。

作品データ

製作年
2016年
製作国
日本
配給
charm point
上映時間
70分
製作会社
charm point(制作協力:飛山企画)
ジャンル
アート

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?