ザ・コンサルタント|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ザ・コンサルタント

2017年1月21日公開,128分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

田舎のさえない会計士と裏社会の殺し屋という2つの顔をもつ男が、犯罪組織や企業の不正を暴いていく様を描くサスペンスアクション。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』ではバットマンというヒーローを演じたベン・アフレックが、アメリカの裏社会で暗躍するアンチ・ヒーローに扮し、新たな一面を見せる。

予告編・関連動画

ザ・コンサルタント

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

田舎町のしがない会計士ウルフの元に大企業からの財務調査依頼が舞い込む。彼は重大な不正を見つけるが、依頼は一方的に打ち切られてしまう。その日を機に何者かから命を狙われるようになるウルフ。彼には世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋というもうひとつの顔があり、政府やマフィア、巨大企業を相手に立ち向かっていく。

作品データ

原題
THE ACCOUNTANT
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
128分

[c]2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • rikoriko2255

    みるみる

    3.0
    2020/5/15

    ベン・アフレックが気になり始めたのは「レインディア・ゲーム」を見た後からだった気がします。そんなに好みのタイプでは無いのに何故か気になった。そしたらすごく多才で賢い人なんですね。監督作品も好きです。
    「デアデビル」のような陰のあるウルフがとても似合います。まるで本当にこんな人なの?って思うほど。少年時代の記憶が度々挿入されて、自閉症で淡々としているウルフの辛かった思いも伝わります。農場主夫婦を助けるシーンは2つとも最高です。ロマンスといえばまるで初恋の恥じらいのような可愛らしさのみ。トレーラーを運転する彼の少しの笑みもまた可愛らしい。
    父親、母親、弟、信じられる人。すべてが絡まってのラストは私の大好きな展開。過激な場面もあるけどとても面白かった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2017/2/8

    犯罪物は余り観ないのですが知人の推しで観賞。
    予想外に面白かった。起承転結が明確で、人間関係や生い立ちが流れの中でシッカリ説明されていて納得です。
    主人公が高機能広汎性発達障害という設定で、特徴がたくみに描かれています。
    母親の無理解と逃避。軍人の父が何とか独りで生きていけるようにあらゆるスキルの訓練をした。弟は定型発達者で同じ訓練を受けて育った良き理解者。一家離散して、ある事件で父親兄弟の関わりが不器用に蘇る。ちょっとウルっとします。アナ・ケンさんが欠かせないスパイスになっています。
    彼がどうして表の世界で生き残り、裏の世界で大金を手にしながら生き残れるのか?その大金は何に使われるのか?
    全てが彼の生い立ちに繋がっています。
    ラストで???彼の声のパートナーって、もしかして・・・
    あの施設で、あの高性能PCを操る自閉症の彼女???
    だとしたら全てが驚異的な設定の作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2017/2/1

    【賛否両論チェック】
    賛:天才的な頭脳と超人的な強さを持ち合わせる主人公の活躍が、非常に痛快。“異質”を忌み嫌う大勢への批判的意味合いもあり。
    否:前半の会計士のシーンは、やや退屈かも。展開もかなりのご都合主義で、下手をすると興ざめしてしまいそう。

     前半は、天才的な会計士の顔を見せるクリスチャンが、企業の不正を暴く様が描かれていきます。ただちょっと天才すぎて、会話になかなかついていけないので、少し退屈してしまうかも知れません(笑)。
     その分後半は、本性を現してきた敵との息詰まる戦いが、主人公の圧倒的な強さと共に痛快に描かれます。ただ展開はかなりのご都合主義で、
    「いやいや、そんな馬鹿な・・・」
    と思ってしまうシーンもあります(笑)。
     それでも、意外な人同士が意外なところでつながっていたり、“異質なもの”を恐れる考え方への批判も織り込んだ、上質なサスペンスに仕上がっています。

    違反報告
  • rikoriko2255

    とりころーる

    5.0
    2017/1/28

    英文題名は、accountantで、会計士という意味なのだが、作品中の業務内容を見る限り、日本の税理士に相当する仕事を表稼業にしているようだ。

    子どもの頃の姿が出てくるのだが、落ち着きのない、大騒ぎする子どもと、その様子をじっと見ているその子の兄弟がいて、そのどっちが主人公になるのか、しばらくは分からなかった。そして、主人公の奇妙な癖と服薬する様子を見て、ああ、主人公は高機能アスペルガー障害という設定なんだな、と得心がいった。

    とても良くできた作品で、ベン・アフレックはこの難解な役柄を卒なく演じている。おそらく、彼の数ある作品の中でも、演技力という点ではピカイチだろう。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2017/1/28

    高い確率かは不明だが、メンタルに何か問題があると他の技能に長けてたりする?
    映画だから、クリスチャンが数字に強かったり、スナイパーだったりとか。軍人である父親の教えってこともあるけれど。
    悪事も真面目に取り組むって感じ。規則正しい生活が彼の精神面に良しとするが、事件真っ只中だとそんな習慣は吹っ飛ぶが、精神面も乱れない。そう、これは映画だから。パニックにならんのだよ。

    もう少し父や兄弟との関係を掘り下げて描いても良かったか。
    ラストに彼と交信するオペレーター正体におっと!

    相変わらず、A.ケンドリックの演技はぱっとせず。B.アフレックもやや太り気味でキレがイマイチ。んー、これ面白い?

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    5.0
    2017/1/28

    すべてのピースは観客に最初に与えられている。
    パズルへの熱中。最後のピースを手渡してくれた少女との縁。兄弟の再会。
    息詰まる展開だった。
    邦画でこんな緊張感をくれる作品に出合いたいものだ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2017/1/24

    良かった!
    伏線の張り方が上手いし、その見せ方が上手いし、無駄が無い。
    Chrisが何故強いのか、天才的頭脳を持っているのか、あの几帳面な性癖はなぜ?誰に支えられているのか?凄く納得。
    特殊なキャラクターの個性が生きて居て、そして優しさを感じます。
    重すぎず、軽すぎない。このジャンルにしては脚本がしっかりしているのね。
    特に再会のシーン好き。こんな大人に成長して、こんな風に笑うのね・・って嬉しくなったし、ちょっと処刑人を思い出すの。
    これは、珍しくシリーズ化を願うわ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    3.0
    2017/1/23

    彼は何故、殺し屋になったんでしょうか…
    無表情で淡々とした殺し、仕事ですから。
    会計士の仕事、同じ様なものです。
    幼い時は自閉症とゆうより、精神が病んでいるようでした。
    子供らしくない…
    幼少期の影響は大きなものです。
    たまに見せるはにかんだ笑顔が人間らしい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2017/1/21

    ただ単純な殺し屋映画とは違います。
    主人公の謎の素性。
    なぜ彼は殺し屋になったのか。
    家族との関係も重要なポイント。
    そうした背景を徐々に見せていくことで
    彼への感情移入もスムーズに入っていける。
    脚本がしっかり作られているので
    まったく飽きることなく、シッカリと観られました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2017/1/16

    数学に天賦の才がある自閉症の会計士が、不正を見つけとことん追求!?
    特殊な能力を持つ人は、とことん追求するとすごいんです。
    最後はまた兄弟が出てきて…………………….。
    想像してたより、主人公の少年時代のこともあり面白かったです。

    違反報告