空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎|MOVIE WALKER PRESS
MENU

空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎

2018年2月24日公開,131分
  • 上映館を探す

『さらば、わが愛 覇王別姫』で第46回カンヌ国際映画祭パルム・ドールに輝くなど、数々の受賞歴を誇る中国の巨匠、チェン・カイコーによる歴史ミステリー。若き天才僧侶・空海と詩人の白楽天が、長安で起きる怪事件の謎に迫っていく姿が描かれる。空海を染谷将太、白楽天をホアン・シュアンが演じる。

予告編・関連動画

空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

遣唐使として日本から中国・唐へ渡った僧侶の空海はあるきっかけで詩人の白楽天と知り合う。交流を深めていく2人は、やがて、中国最大の都・長安で権力者が次々と奇妙な死を遂げる怪事件に遭遇する。そして事件を探っていくうちに、約50年前に唐に渡った日本人・阿倍仲麻呂や、彼が仕えた玄宗皇帝、皇妃・楊貴妃の存在を知る。

作品データ

原題
妖猫传
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
中国=日本
配給
東宝=KADOKAWA
上映時間
131分

[c]2017 New Classics Media, Kadokawa Corporation, Emperor Motion Pictures Shengkai Film [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

2.7
  • お水汲み当番

    2
    2020/7/19

    豪華なセットと、大盤振る舞いのCGの世界のなかに、歴史的に有名な人物を、史実無視して手当り次第、適当に詰め込んだだけ。

    空海が空海である意味も意義も何もなし。

    思わず寝落ちしてしまいました。

    ps. あとで知ったのですが、そもそもこの映画の主人公は、中国では「空海」ではなかったとのこと。
    たしかに空海はぜんぜん活躍していませんからね。

    だとすると、この宣伝、このタイトル、まさに日本の映画屋の犯罪行為としか言いようがありませんな。

    ファンの心よりも、ゼニ勘定が唯一という、日本の映画屋のさもしさ卑しさは、今に始まったことではありませんが。

    おかげで、不評の山を築いたわけで、こういうのを自業自得って言うのですよ。
    そろそろ反省したらいかがですか? 映画屋どの。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 3
    2018/3/19

    映像がとてもきれいでした。
    展開も想像とは違いよかったです。
    ただちょっと間延びした感じはあったかも。。。それが残念。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ローズ

    3
    2018/3/18

    空海という名前の架空の僧侶が、絶世の美女・楊貴妃を巡る謎を解き明かす。
    猫に導かれて、空海が楊貴妃の呪いかと思われる殺人事件を解き明かしていく。歴史絵巻を期待したらがっかりだけど、架空のミステリーだと割り切れば悪くない。登場人物も個性的でいいし、どう見るかかな。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告