検察側の罪人:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
検察側の罪人
3.8

検察側の罪人

2018年8月24日公開、123分
  • 上映館を探す
  • みたい
    3,088
  • みた
    928
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『犯人に告ぐ』の雫井脩介による同名小説を木村拓哉&二宮和也主演で映画化した社会派ミステリー。都内で起きた殺人事件の捜査を巡って、かつての未解決殺人事件の重要参考人である男を執拗に追い詰めるエリート検事・最上と、その捜査方針に疑問を抱く若手検事・沖野が激突。2人が葛藤しながら、“正義とは何か?”を問う。

配信で観る

ストーリー

都内で殺人事件が発生し、東京地検刑事部のエリート検事・最上と駆け出しの沖野が担当することに。最上は複数いる被疑者の中から、かつて未解決殺人事件の重要参考人だった松倉に狙いを定めて執拗に追い詰める。沖野は被疑者に自白させようと取り調べに力を入れるが、松倉は犯行を否認し続け、次第に最上の捜査方針にも疑問を抱くようになる。

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
東宝
初公開日
2018年8月24日
上映時間
123分
製作会社
東宝=ジェイ・ストーム(制作プロダクション:東宝映画)

[c]2018 TOHO/JStorm
[c]キネマ旬報社