Mr Long/ミスター・ロン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

Mr Long/ミスター・ロン

2017年12月16日公開,129分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

チャン・チェンがナイフ使いの殺し屋に扮したバイオレンス・アクション。殺し屋のロンは、東京で台湾マフィア暗殺の仕事に失敗し、北関東の田舎町へと逃れる。日本語の話せないロンは、人々の優しさに触れるうち、次第に人間らしさを取り戻してゆくが……。メガホンを取ったのは「天の茶助」のSABU。共演は「たたら侍」の青柳翔。

フォトギャラリー

Mr Long/ミスター・ロン 画像1

予告編・関連動画

Mr Long/ミスター・ロン

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ナイフの達人で殺し屋のロン(チャン・チェン)は、東京・六本木で台湾マフィア暗殺の仕事に失敗し、北関東の田舎町へと逃れる。日本語の話せないロンだったが、心を閉ざした少年ジュン(バイ・ルンイン)やその母の台湾人リリー(イレブン・ヤオ)と出会い、世話好きな住民たちの人情に触れるうち、次第に人間らしさを取り戻してゆく。やがて牛肉麺の屋台で腕を振るうことになり、思いがけず行列ができる人気店に。だが、そこにヤクザの手が迫り……。

作品データ

製作年
2017年
製作国
日本=香港=台湾=ドイツ
配給
HIGH BROW CINEMA
上映時間
129分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    紙虫

    3.0
    2019/8/2

    【DVD】映画館でかかっていたのは知っていたけれど、タイミングを逸しておうちシネマ。全くこの映画の前知識はなく、確か東京国際映画祭にかかってたかな?程度。感情を持たないかのような台湾のナイフ使いの殺し屋、日本での仕事の為来日するも、失敗して北関東の田舎に流れ着く(ロケは足利市らしい)。おせっかいな住人達と関わったことから次第に感情を持ち始めていく。そつのない脚本で笑えて、ほっこりする場面、シャープなアクション場面もあり無駄なく楽しめました。とはいえ、コレっという押しも感じられないのが残念。
     あのチャン・チェンが!なぜここに?疑問符が駆け回りながらも、感情を抑えた演技に納得。

    違反報告