スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット

2018年2月10日公開,100分
  • 上映館を探す

1997年の実写版から続く「スターシップ・トゥルーパーズ」シリーズ第5弾となるアニメーション映画。突如、火星に昆虫型生命体“バグ”が侵攻。落ちこぼれの“はぐれ小隊”の訓練を担当していたジョニー・リコは、部下と共に死闘を繰り広げるが……。キャスパー・ヴァン・ディーン、ディナ・メイヤーがそれぞれ、実写版「スターシップ・トゥルーパーズ」と同じキャラクターの声を担当している。監督は、荒牧伸志(「スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン」)と「アップルシード アルファ」でCGディレクターを務めた松本勝が共同で担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

宇宙に進出した人類は、昆虫型生命体“バグ”と長い戦いを繰り広げていた。その戦争で活躍したかつての英雄ジョニー・リコ(声:キャスパー・ヴァン・ディーン)は、“バグ”の地球侵入を阻止出来なかった責任を取って前線から離脱。植民地惑星“火星”で、戦場に出たこともない落ちこぼれ部隊“はぐれ小隊”の訓練を行っていた。戦争とは無縁のお気楽な火星で、“自分の居場所”と“軍人としての生き方”を見失うリコ。しかし、そんな平和は長くは続かなかった。突如、バグが火星に侵攻してきたのだ。思いがけず最前線に返り咲くこととなったリコは、はぐれ小隊を率いて死闘を繰り広げるが、部下を守って最後の脱出に失敗。火星の砂漠に1人で取り残され、絶望的な戦いを強いられる。そんな絶体絶命の危機に現れたのは、死んだはずのディジー(声:ディナ・メイヤー)だった……。

作品データ

原題
STARSHIP TROOPERS: TRAITOR OF MARS
製作年
2017年
製作国
アメリカ
配給
KADOKAWA
上映時間
100分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.2
  • Starshiptroopers

    4
    2018/2/19

    出来映えは良かったと思います。
    2作目以降、低空飛行を続けてきた本作も、原点回帰というか機動歩兵隊ベースの作品に仕上がっています。評価は分かれるでしょうが、個人的には実写化しても、耐えうるレベルと思います。
    ジェンキンス、イパネス、ディジーが登場したので、ファンの心もある程度掴めたのではないでしょうか。エースやズイムもちょい役で良いので、復活して欲しい。英語版では、リコ、ディジーが声優しているみたいですね。
    パンフレット販売していなかったのは、残念でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 門倉カド

    3
    2018/2/17

    【賛否両論チェック】
    賛:落ちこぼれだった新兵達が、絶体絶命の状況下で、次第に成長していく姿がたくましい。CGを駆使した壮大なアクションも魅力。
    否:前作までの知識は必須。かなりグロいシーンが多いので、苦手な人には向かない。

     前作までのネタもある中、特に説明はしてくれないので、予備知識は必須です。
     平和だったはずの火星で、急に起きたバグによる侵攻。味方も全滅し、絶体絶命の中で描かれるのは、始めは脆弱で士気も低かった火星出身の新兵達が、幾多の修羅場を潜り抜けてきた主人公の激励の下、次第にたくましく成長していく姿です。
     CGによるアクションもド迫力。大挙して迫り来る無数のバグを駆逐していく場面は、ハラハラの連続です。
     アニメーションとはいえ、かなりグロいシーンが多いので、好き嫌いは分かれそうですが、シリーズファンなら必見の作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告