野球部員、演劇の舞台に立つ!:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
野球部員、演劇の舞台に立つ!

野球部員、演劇の舞台に立つ!

2018年2月24日公開、102分、青春
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

福岡県八女市を舞台に価値観の異なる高校生たちの成長を綴る、実話を基にした青春ドラマ。県大会予選一回戦でエラーし敗退した野球部に、演劇部は部員レンタルを依頼。エラーした当人ら3人が助っ人に送り出され、互いに反発しながらも芝居を作りあげていく。監督は「あつい壁」の中山節夫。野球経験のある、「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」の渡辺佑太朗らが出演。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

野球部員、演劇の舞台に立つ!

予告編

2017/11/13(月)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある高校の野球部は甲子園出場を有力視されていたが、県大会予選一回戦でエラーをし、それがきっかけで敗退。チーム内に不協和音が広がる中、男子がほとんどいない演劇部から部員レンタルの申し出が入る。野球だけの人間にならないでほしいと願う監督はこれを受諾し、バッテリーと、エラーをした当人を助っ人に送り出した。そんな暇はないと戸惑う野球部員たちと彼らに役を奪われる形になった演劇部員たちはぶつかりあうが、やがて彼らの間に青春の化学変化が生まれる。

作品データ

製作年
2018年
製作国
日本
配給
パンドラ
上映時間
102分
製作会社
京映アーツ
ジャンル
青春

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.7 /3件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?