名探偵コナン ゼロの執行人|MOVIE WALKER PRESS
MENU

名探偵コナン ゼロの執行人

2018年4月13日公開,110分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

青山剛昌の大人気コミックを原作に、少年探偵・江戸川コナンの活躍を描く劇場版アニメシリーズ第22作。私立探偵であり、黒ずくめの組織のメンバーであり、公安警察官という3つの顔を持つ男、安室透が、サミットの開催が予定されている会場で起きた爆破事件の鍵を握る重要なキャラクターとして登場し、コナンと対決する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

東京サミットの開催地となる東京湾の新施設、エッジ・オブ・オーシャンで突如、大規模爆破事件が発生。事件の影には全国の公安警察を操る警視庁の秘密組織“ゼロ”に所属する安室の存在があった。コナンは秘密裏に動く安室の謎の行動に違和感を覚えるが、現場の証拠品に残された指紋が小五郎と一致するなど、事件はさらに混迷化していく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
110分

[c]2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

4.5
  • rikoriko2255

    Ray

    5.0
    2020/8/26

    カーチェイスがめちゃくちゃカッコよかった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    かな

    5.0
    2020/4/30

    最高

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2018/5/3

    【賛否両論チェック】 賛:表沙汰にならない公安の事件に、コナンが果敢に挑んでいく様や、不穏な動きを見せる安室透の姿に惑わされ、ハラハラさせられること必至。アクションも荒唐無稽さを感じつつも、思いのほか楽しめる。 否:今回は司法用語等がかなり出てくるので、知らない人には難しそう。やりすぎ感満載の強引なアクションも多数あり。  爆発事件と、毛利小五郎の逮捕。その陰に見え隠れする、公安警察・公安検察の姿。決して明るみになることのない公安の事件に、果たしてコナンがどう挑んでいくのか、要注目です。ただ今回は、公安警察に毛利小五郎が逮捕されるという展開なので、警察用語や司法用語が多数登場します。そのため少しそちらの知識がないと、かなり難しい話に感じてしまうかも知れません。  また、もはや劇場版のお約束にもなりつつある、度を越えたアクションシーンは、本作でも多数登場しますので、 「いやいや、それはさすがに無理でしょ!!」 と、思わずツッコみたくなってしまうと思います(笑)。  あまり深くは考えずに、純粋にコナン達の活躍に酔いしれたい、そんな作品といえそうです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    samill

    3.0
    2018/5/3

    とても楽しめました!最後までワクワクで本当にこんな運転したら大変だ~~なんてね! かっこよすぎだわね!いつも通りすごく楽しめました! それぞれのキャラがすごく良くてこのシリーズが大好きです!毎年この時期楽しみで観ています。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    4.0
    2018/4/13

    平日昼間にもかかわらず、客席の入りはなかなかのもの。 冒頭から大きな爆破事件が発端となり、検察と公安とが絡み合い展開していく。 古谷徹さんの上手さに唸って帰ってきた。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告