万引き家族|MOVIE WALKER PRESS
MENU

万引き家族

2018年6月8日公開,120分
PG12
  • 上映館を探す

第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールに輝いた、是枝裕和監督による人間ドラマ。祖母の年金を頼りに、足りないものを万引きで賄っている一家が、ひとりの少女を迎え入れたのを機にバラバラになっていくさまがつづられる。一家の主をリリー・フランキー、その妻を安藤サクラが演じるなど、個性派たちの熱演が物語をより一層味わい深いものにしている。

予告編・関連動画

万引き家族

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

父の治と息子の祥太はスーパーで万引きをした帰り、母親に部屋から閉め出された小さな女の子を見つけ、家に連れて帰る。その晩、両親の元に帰そうと向かうが、罵り合う声を聞き、連れ帰るはめに。やがて、5歳の女の子が失踪したとニュースになるが、女の子は治らと暮らすことを決意する。一家は万引きを繰り返すものの、祥太は自らの行いに疑問を抱くようになる。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2018年
製作国
日本
配給
ギャガ
上映時間
120分

[c]2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro. [c]キネマ旬報社

動画配信

関連記事

映画レビュー

3.8
  • お水汲み当番

    5
    2020/7/19

    たしかにこれはパルムドールを獲るべくして獲った作品でした。

    練りに練られたシナリオと細部まで神経が行き届いた演出。

    小さなあばら家の中で身を寄せ合う6人全員の演技には息を呑むばかりです。

    ちゃぶ台があり、登場人物たちがそれを囲んでいるという構図は、何千回も目にしたはずの「ホームドラマ」なのですが、観ている2時間のあいだ、凡多のホームドラマとの類似性について一瞬も頭をよぎることがなかったことこそが、独創性の証明だったのだと、今思うのです。

    セリフを使わず演じられる多くのシーンのメッセージが、欧州人という文化背景が異なる人たちにも間違われずに伝わったことは、驚くしかありません。

    幸せとは何か。
    それは結局のところ、自分が自分のことを幸せだと思っている状態を指すのだろうな、と感じたのでした。

    映画が進むにつれて、人間関係の糸の絡みがほぐれてくるのですが、しかし、ほぐれることは無条件に良いことなのか?
    果たしてそれで幸せになれるのか、と観客に鋭く問いかけています。

    これでカンヌを獲れないわけがない仕上がりでした。

    ps.ムービーウォーカーのあらすじ欄に「団地の廊下で凍えている幼い女の子を見つける」とありますが間違いです。
    あらすじ担当者は、映画を観ずに書いたのかも知れませんが、正しくは、真冬に、団地のベランダに締め出されていたのです。5歳の女の子が。

    昨日発覚した哀しい事件が、偶然とはいえ、まったく完全に同じシチュエーションであったことがオーバーラップするのでした。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • mau5621

    1
    2019/2/21

    松岡茉優のおっぱいがエロいだけの映画かな
    それ以外は特に見どころがない
    安藤サクラの体もまあまあよかったかもしれない

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • Movie Walkerユーザー

    2018/12/12

    飛行機の中で見ました。ネグレクトとして「お母さんこれ見て」「あっち行ってなさい」というシーンが描かれていたが、親でも人間だからしんどい時はそういう時も良くある。この監督は子ども育てたことがあるのか疑問に思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告