初恋~お父さん、チビがいなくなりました:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
初恋~お父さん、チビがいなくなりました
3.1

初恋~お父さん、チビがいなくなりました

2019年5月10日公開、105分、恋愛/ヒューマンドラマ
  • 上映館を探す
  • みたい
    173
  • みた
    53
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

長年連れ添った夫婦の秘めた想いと愛を描いた西炯子による人気漫画を実写映画化。人生の晩年を猫のチビと共に暮らす老夫婦の勝と有喜子。ある想いと寂しさをずっと抱えてきた有喜子は、ある日、娘に離婚話を切り出すが、そんな時、チビが突然姿を消してしまう。出演は「男はつらいよ」シリーズの倍賞千恵子、「龍三と七人の子分たち」の藤竜也、「シン・ゴジラ」の市川実日子。監督は「破門 ふたりのヤクビョーガミ」小林聖太郎。

配信で観る

ストーリー

3人の子供が巣立ち、人生の晩年を猫のチビと暮らす武井勝(藤竜也)と有喜子(倍賞千恵子)の老夫婦。勝は無口で頑固、家では何もしないという絵に描いたような昭和の男。そんな勝の世話を焼く有喜子の話し相手は、チビだけであった。ある日、有喜子は娘の菜穂子(市川実日子)に「お父さんと別れようと思っている」と告げる。その真意を探ろうと長男・雅紀(小市慢太郎)や長女・祥子(西田尚美)たちが大騒ぎするなか、有喜子の心の拠り所だったチビが姿を消してしまい……。

予告編・関連動画

初恋~お父さん、チビがいなくなりました

予告編

2018/10/31(水)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
クロックワークス
初公開日
2019年5月10日
上映時間
105分
製作会社
クロックワークス=小学館=ワコー=中央映画貿易=ビデオプランニング(制作:ビデオプランニング)
ジャンル
恋愛ヒューマンドラマ

[c]2019西炯子・小学館/「お父さん、チビがいなくなりました」製作委員会
[c]キネマ旬報社