純平、考え直せ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

純平、考え直せ

2018年9月22日公開,95分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

奥田英朗による同名小説を「女の子ものがたり」の森岡利行監督が、「帝一の國」の野村周平主演で映画化。いつか一人前の男になることを夢見る歌舞伎町のチンピラ・純平が、鉄砲玉になることを命じられ、偶然出会ったOLの加奈と行動を共にする3日間を映し出す。加奈を演じるのは、「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の柳ゆり菜。脚本は「女ヒエラルキー底辺少女」の角田ルミ、「太陽を掴め」の木村暉、「PとJK」の吉川菜美。

予告編・関連動画

純平、考え直せ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

いつか一人前の男になることを夢見ながら、組の雑用に追われる日々を送る新宿・歌舞伎町のチンピラ・坂本純平(野村周平)。ある日、対立する組の幹部の命を獲ってこいと命じられた純平は、これで一人前の男になれると気負い立つが、偶然出会ったOLの加奈(柳ゆり菜)と一夜を共にし、つい“鉄砲玉”になることを洩らしてしまう。手元には拳銃一丁と数十万円の支度金。退屈を持て余していた加奈は、時代錯誤な純平の情熱に呆れながらも不思議な胸の高鳴りを覚え、決行までの3日間を純平と行動を共にすることに。新宿を見降ろすホテルに宿泊、大好物の焼肉をたらふく食べ、思い切り笑い、そして孤独と不安を慰め合ううちにふたりは惹かれ合っていく。「鉄砲玉なんかやめて、一緒に逃げようか」と持ち掛ける加奈。だが、純平は「男が一度決めたことだから」と聞く耳を持たない。そんななか、加奈は相談にのってもらおうとSNSに投稿するが、様々な忠告や冷やかし、無責任な声援がネット上に飛び交う。やがて、加奈の想いとネット住人たちとの交流が、純平の決意を揺るがし始めるが、決行の日は刻々と迫ってきていた……。

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2018年
製作国
日本
配給
アークエンタテインメント
上映時間
95分

[c]2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?