押し入れ女の幸福:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
押し入れ女の幸福
押し入れ女の幸福

押し入れ女の幸福

2018年8月18日公開、29分、ファンタジー
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

映像制作チーム・TimeLimitの大橋隆行による短編映画。人類誕生の瞬間から人間を見守り続けてきた押し入れ女と、彼女に食事を届ける役割を父から受け継いだ男。ある日、彼女に話しかけてはならないというルールを破り、男は彼女に話しかけてしまう。出演は、「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」の太田いず帆。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014短編コンペティション部門最優秀作品賞、福岡インディペンデント映画祭2014優秀賞受賞。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

人類誕生の瞬間から人間を見守り続けてきた押し入れ女(太田いず帆)と、彼女に食事を届ける役割を父から受け継いだ男がいた。ある日、押し入れ女に決して話しかけてはならないというルールを破り、男は彼女に話しかける。

作品データ

製作年
2013年
製作国
日本
上映時間
29分
製作会社
(制作:TimeLimit)
ジャンル
ファンタジー

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?