記憶にございません!|MOVIE WALKER PRESS
MENU

記憶にございません!

2019年9月13日公開,127分
  • 上映館を探す

『ラヂオの時間』などで知られる脚本家、三谷幸喜の映画監督8作目となるオリジナル作品。国民から嫌われ、史上最低の支持率を叩き出した総理大臣が記憶喪失になったことから巻き起こる騒動を描いたコメディ。主演の中井貴一ほか、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、佐藤浩市など豪華キャストが脇を固める。

予告編・関連動画

記憶にございません!

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

病院のベッドで目覚めた男。記憶喪失に陥り、自分が誰なのかわからない中、そっと病院から抜け出すと、ふと見たテレビで、自分が国民から嫌われている内閣総理大臣の黒田啓介であることを知る。混乱を避けるため記憶喪失の事実を3人の秘書官以外には内緒で日々公務をこなすが、アメリカから大統領が来日することに。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
127分

[c]2019フジテレビ 東宝 [c]キネマ旬報社

動画配信

関連記事

映画レビュー

3.7
  • CIMmasa

    4
    2020/11/10

    期待してなかったので予想以上に面白かった。映画の王道の1つ清々しさ。中井貴一はやっぱりいい役者ですね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • お水汲み当番

    3
    2020/7/19

    大金を掛けて宣伝をブチ込み続けた作品です。

    その宣伝よりもなお面白ければ……と思って観に行ったわけですが、たとえば本物の米国大統領の訪日シーンを、日本人はみんな知っているだけに、まぁなんというか、映画の中の「チープ感&ニセモノ感」が半端ではなく、結局のところ、宣伝だけ見てれば充分な映画と思いました。

    そんななか、中井サンも小池サンも安定した演技を楽しませてくれましたが、残念なことにダイコン役者ぶりが目についたのがディーン・フジオカ。
    彼はすごい美男子で、ファンもさぞかし多いのだろうと思いましたが、セリフの多くが「セリフセリフ」していて、必死で「噛まないように頑張っている印象」ばかりが残りました。
    一度、完全にセリフを消化して、自分の言葉としてセリフを発することができないものかと、もどかしく思え、この人がなにかを言うたびにシラケてしまうのです。
    もはや演技以前の問題で、残念でなりませんでした。

    もう一人、映像映りは抜群でもセリフがダイコンだったのが寺島某。
    外観は存在感抜群の役者ですが、この年齢でこのキャリアで、こんなに下手で良いのかと残念でなりませんでした。

    三谷監督って、人間関係において、馴れ合い感覚がすごく強い人なのではないのかな、という感触が強く印象つけられました。
    もしも実際は違うなら、ごめんなさいなのですが。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 門倉カド

    4
    2020/1/6

    【賛否両論チェック】
    賛:嫌われ者の首相が記憶喪失で善人になってしまうドタバタ劇の連続に、思わず笑ってしまう。そんな中でもふと垣間見える熱い人間ドラマに、観ていて心が温かくなる。
    否:展開はかなり無理がある感が否めず、現実味はない。

     他人の気持ちを省みてこなかった嫌われ者の総理大臣が、投げられた石が原因で記憶喪失になってしまい、3人の秘書達がそれを隠すために悪戦苦闘するというとっても斬新なコメディに、観ていて思わず笑ってしまいます。
     そして形はどうあれ、初めて優しい心を持った主人公が、家族や周りの人々、そして国民のために動き出そうとする姿は、コミカルな中にもどこか胸を打つものがあるから不思議です。個人的には、木村佳乃さん演じるアメリカ大統領の演説がすごくステキでした。
     また三谷幸喜さんの作品といえば、毎回お約束の超豪華キャスト。本作でも田中圭さんに始まり、ちょっとしたシーンで
    「えっ、ここでこの人!?」
    というような豪華な方々が出演されているので、その辺りも必見です。
     クスッと笑ってグッとも来る、そんな作品といえそうです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告