サムライマラソン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

サムライマラソン

2019年2月22日公開,104分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1855年に安中藩主の提案で行われた“日本初のマラソン大会”安政遠足をモチーフにした歴史ドラマ。優勝者の願いを叶えるという遠足に参加した藩士たちが、幕府の刺客の襲撃に遭い、仲間や家族を守るため、急いで藩へ戻ろうとする。佐藤健が幕府の隠密でありながら、藩を守ろうとする男を、藩主の娘を小松菜奈が演じるなど、若手実力派が多数出演する。

フォトギャラリー

サムライマラソン 画像1
サムライマラソン 画像2
サムライマラソン 画像3
サムライマラソン 画像4
サムライマラソン 画像5
サムライマラソン 画像6

予告編・関連動画

サムライマラソン

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ペリーの来航で開国ムードが広まるなか、逆に危機感を抱く安中藩主は、藩士たちの心と体を鍛錬するため、翌日に十五里の遠足を行うと宣言。優勝者すればどんな願いも叶うと知り、藩士たちは色めきたつが、幕府は遠足を謀叛の動きと見て刺客を放つ。遠足当日、刺客が関所を襲い、幕府の動きに気付いていた隠密の甚内は仲間とともに藩へ戻ろうとする。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2019年
製作国
日本
配給
ギャガ
上映時間
104分

[c]“SAMURAI MARATHON 1855”Film Partners [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    1.0
    2019/3/31

    【賛否両論チェック】
    賛:群像劇のように、それぞれの視点から守るための戦いの様子が淡々と描かれていくのが印象的。キャストも豪華。
    否:展開は予想以上に非常に淡々としていて、終わり方もかなり呆気ない。グロシーンもあり。

     藩士を強くするための遠足が、あらぬ誤解を招き、幕府からの刺客が迫りくるという中で、事態を知る者、知らぬ者、利用しようとする者等々、それぞれの視点から自身の大切なものを守ろうとする人々の姿が描かれていくのが、まるで群像劇のように得も言われぬ深さを感じさせます。
     ただ設定の割に、ストーリーや展開そのものがかなり淡々としている印象も否めません。前半はマラソンに葛藤する藩士達の機微がひたすら描かれ、後半の刺客との戦いも予想以上に呆気なく感じてしまいます。
    「想像していたものと違う!!」
    と思ってしまう人も多いかも知れません。
     とは言うもののキャストは非常に豪華ですので、その辺りにも是非注目してみて下さい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    3.0
    2019/2/25

    1855年(安政2年)に安中藩主が、藩士の鍛錬のため行った徒歩競走「安政遠足(あんせいとおあし)」の史実をベースにした、創作小説が原作。

    豪華配役はいいんだけど…

    いろんなインタビュー記事によると、脚本にセリフがなく、役者たちで動きやセリフを構築していく撮り方をしたみたいで。
    実際、既存の時代劇のイメージには被らないし、結構エンタメに徹して面白いっちゃ面白いんだが。

    役者がアドリブで演じてるってことで考証等がいい加減だし、外国人監督らしいかなりキワモノの作り。
    『ストエンペラー』のジェレミー・トーマスがプロデューサー、『フランケンシュタイン アダム・ザ・モンスター』『キャンディマン』のバーナード・ローズが監督だけに、「トンデモなっちゃって日本」で、ファンタジー度合いが『47RONIN』『ラスト サムライ』レベル。

    幕府の刺客が戦略なしでやってきて、弱すぎてなぁ…
    またこの刺客の行動が意味不明。
    そして殺陣が健くんと青木くんのるろ剣対決以外はイマイチ…
    ってあたりで、いまいち乗り切れなかった私であった。

    群像劇なので、健くんの登場割合が少ない印象でもありました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2019/2/23

    “日本初のマラソン大会”ってどんなん?と見に行ってみた。ドラマがあるのか無いのか。
    殺陣は血が出ない昔の邦画のチャンバラの方が好き。

    違反報告