闇の歯車|MOVIE WALKER PRESS
MENU

闇の歯車

2019年1月19日公開
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

藤沢周平の同名小説を映像化したサスペンス時代劇。江戸時代、闇の世界で日々の糧を得る佐之助は、行きつけの酒亭で謎の男・伊兵衛から儲け話に誘われる。狙うのは、ある商家に眠る七百両。仲間を加えて5人となった佐之助たちは、計画を実行するが……。出演は「友罪」瑛太、「妻よ薔薇のように 家族はつらいよ III」の橋爪功。監督は『鬼平犯科帳 THE FINAL』、『三屋清左衛門残日録』などを手掛ける山下智彦。

予告編・関連動画

闇の歯車

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

逢魔が刻。それは黄昏。人の顔は闇に溶け、街を静けさが支配する一瞬の時間。江戸時代、人々は魑魅魍魎が蠢くと言われるその時刻を、畏れを持って迎えた。初秋の頃、江戸・深川。闇の世界で日々の糧を得る佐之助は、行きつけの酒亭“おかめ”で、謎の男・伊兵衛と出会う。“儲け話がある”と誘う伊兵衛の言葉に危険な匂いを感じて席を蹴る佐之助。同じ頃、ふとしたきっかけで、おくみという女と暮らすことに。彼女との未来に仄かな希望を抱いた佐之助は、伊兵衛の誘いに乗る。しかし、仲間になったのは浪人、若旦那、白髪の老人という、いつもおかめで顔を合わせながら、口をきいたこともない男たちだった。佐之助も含めて、いずれも押し込みなどしたことのない素人4人と伊兵衛。決行は逢魔が刻。狙うのは、さる商家に眠る七百両。廻り出す闇の歯車。それぞれを取り巻く女たちをも巻き込み、人生の歯車が静かに狂い始める……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
東映ビデオ

[c]2019「闇の歯車」製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?