星屑の町|MOVIE WALKER PRESS
MENU

星屑の町

2020年3月6日公開,102分
  • 上映館を探す

1994年から25年に亘り全7作が上演された、星屑の会による人気舞台『星屑の町』シリーズを映画化。売れないムード歌謡コーラスグループ『山田修とハローナイツ』のメンバーたちが、歌手を夢見るヒロイン・愛との出会いをきっかけに、人生が大きく変わり始める。出演は「笑顔の向こうに」の大平サブロー、TVアニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』のラサール石井、「この世界の片隅に」ののん。監督は「の・ようなもの のようなもの」の杉山泰一。星屑の会は、本作の原作・脚本を務める水谷龍二と、ラサール石井、小宮孝泰が、笑ってホロリとする作品を作ることを目指し結成したユニット。

予告編・関連動画

星屑の町

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

地方回りの売れないムード歌謡コーラスグループ『山田修とハローナイツ』。大手レコード会社の社員だった山田修(小宮孝泰)をリーダーに、歌好きの飲み仲間である市村敏樹(ラサール石井)と込山晃(渡辺哲)、青木五郎(有薗芳記)をコーラスに、大阪ミナミでくすぶっていた歌手・天野真吾(大平サブロー)をボーカルに迎えてスタート。途中から参加した西一夫(でんでん)は、ハローナイツの借金を肩代わりすることを条件に、博多にある焼き鳥屋と4人の子どもを女房に任せてグループに参加。それぞれの事情を抱えながら続けてきたものの、これといったヒット曲もなく、ベテラン歌手・キティ岩城(戸田恵子)と一緒に地方を回りながら、細々と活動を続けている。ある日、修の生まれ故郷・東北の田舎町にやって来たメンバーたち。そこには、修と遺恨を残す弟の英二(菅原大吉)が待っていた。一方、英二の息子・啓太(小日向星一)の幼馴染み・愛(のん)は、スナックを経営する母・浩美(相築あきこ)を手伝いながら、歌手になることを夢見ていた。そんななか、突然、愛がハローナイツに入りたいと直訴。酔っ払った市村が適当な返事をした事から大騒動に発展するが、結局、愛はハローナイツに加入することに。じわじわと人気が上昇していくハローナイツ。スポットライトを浴び、状況が一変していくなか、メンバーたちは夢を叶えたかに見えたが……。

作品データ

製作年
2020年
製作国
日本
配給
東映ビデオ
上映時間
102分

[c]2020映画『星屑の町』製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1
  • 元電気メーカー社員

    2
    2020/6/5

    舞台では良い話でも、それをそのまま実写化したら、うまくいかないこともある、という典型例

    舞台の芝居では、舞台装置や衣装、小道具として用意された物以外は全部観客の想像に任せることが出来るけど、実写はそうはいかない。カメラに映った現実が、観客の想像を許さない。本作はいろいろな場所でロケをしてしまったがために一層、演劇ならではの世界観を描きにくくなってしまっている。

    その中で、時代設定をあいまいにしたのは致命的。時代設定を、1980年代後半から20世紀末までの間に設定して、設定した時代に無かった物は画面から徹底的に排除して、映像にリアリティーを出せば、舞台の良さをもう少し上手く伝えられたかも? このストーリー、20世紀後半の出来事なら実話でもおかしくない話。だけに、折り畳みの携帯電話やスマートフォンが出てきちゃうのはまずいと思う。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • odo21829850

    5
    2020/3/15

    扉を開けたら古き善き星屑の町があった。のんちゃん輝いていた。みんなそれぞれ輝いていた。心暖まる映画でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • Movie Walkerユーザー

    2020/3/15

    舞台演劇がそのまま映画になったような雰囲気の手作り感満載のムービー。笑いあり涙ありの人情喜劇が現代に蘇った気がする。のんの好演のに目を見張る。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告