ザ・ネゴシエーション|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ザ・ネゴシエーション

2019年8月30日公開,113分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

人質を取った凶悪犯と、警察の交渉人が息詰まる駆け引きを繰り広げるサスペンス。ミン・テグと名乗る人物が、タイのバンコクで危機交渉班のチーム長と韓国人記者を拉致する事件が発生。交渉役に指名されたソウル市警のハ・チェユンが、ミン・テグと対峙する。出演は「コンフィデンシャル/共助」のヒョンビン、「Be With You ~いま、会いにゆきます」のソン・イェジン。

フォトギャラリー

ザ・ネゴシエーション 画像1
ザ・ネゴシエーション 画像2
ザ・ネゴシエーション 画像3
ザ・ネゴシエーション 画像4
ザ・ネゴシエーション 画像5
ザ・ネゴシエーション 画像6

予告編・関連動画

ザ・ネゴシエーション

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ソウル市警危機交渉班の警部補ハ・チェユン(ソン・イェジン)は、事件現場で犯人との交渉中、人質と犯人の両方を死なせてしまう。それから10日後、大きな責任を感じて辞表を提出しようとしていたハ・チェユンのもとに、再び応援要請が入る。ミン・テグ(ヒョンビン)と名乗る人物が、タイのバンコクで危機交渉班のチーム長と韓国人記者を拉致し、ハ・チェユンを交渉相手に指名してきたのだ。ミン・テグは、外事課が以前から追っていた国際犯罪組織の武器売買業者のリーダーだったが、拉致の動機も要求も不明。目的のわからないミン・テグに対し、交渉の糸口を掴めないハ・チェユンに焦りが募り始める。特殊部隊の救出まで、残り14時間。警察を嘲笑い、残忍な人質ショーを繰り広げるミン・テグと、数日前に起きた事件のトラウマに苛まれながらも、今度こそ人質の命を救おうと必死に立ち向かう交渉人ハ・チェユン。果たして交渉の行方は……。

作品データ

原題
협상
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
韓国
配給
ツイン
上映時間
113分

[c]2018 CJ ENM CORPORATION, JK FILM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    4.5
    2019/9/15

    圧倒的に情報の少ない悪人との交渉が始まり、次第に彼の狂気だと思われていたものが剥がれていき、深い悲しみと怒りに包まれた兄としての想いが出てくるのがとても面白かった。
    諦めないチェユンが最後まで勝ちに行くのがかっこいい。嘘をつくな真っ直ぐに、と交渉の場で言われた通りに証言台に立つのがとてもかっこいい。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告