弥生、三月 -君を愛した30年-|MOVIE WALKER PRESS
MENU

弥生、三月 -君を愛した30年-

2020年3月20日公開,110分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「家政婦のミタ」や「同期のサクラ」など、数多くのヒット作の脚本を手掛けた遊川和彦が監督も務めるラブストーリー。高校時代に、親友のサクラを病気で亡くした弥生と太郎。互いに想いを秘めながらも別々の道へ進んだふたりの30年間を、“3月の31日間”を切り取って描く。弥生役を『グラスホッパー』の波瑠、太郎役を『カツベン!』の成田凌が演じる。

激動のラブストーリー『弥生、三月 -君を愛した30年-』特集

PR

脚本家・遊川和彦が監督を務め、波瑠と成田凌が共演する激動のドラマ『弥生、三月 -君を愛した30年-』。昭和、平成、令和と30 年にわたるラブストーリーの“弥生泣き”ポイントにフォーカスする!

フォトギャラリー

弥生、三月 -君を愛した30年- 画像1
弥生、三月 -君を愛した30年- 画像2
弥生、三月 -君を愛した30年- 画像3
弥生、三月 -君を愛した30年- 画像4
弥生、三月 -君を愛した30年- 画像5
弥生、三月 -君を愛した30年- 画像6

予告編・関連動画

弥生、三月 -君を愛した30年-

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1986年3月1日に、運命的に出会った弥生と太郎。惹かれ合うふたりだが、親友のサクラを病気で亡くしたことで気持ちを伝えることができず、想いを秘めたまま別々の道に進む。それぞれが夢に挑戦し、新たに出会った相手と結婚するが、多くの挫折を経験。さらには災害にも巻き込まれてしまう。ふたりが人生のどん底に落ちて希望を見失っていた時、30年の時を超えてサクラからメッセージが届く。

作品データ

映倫区分
G
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
110分

[c]2020「弥生、三月」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    5.0
    2020/7/19

    監督のオリジナル脚本なので、もしかすると、最初から波瑠と成田凌を両主演の念頭に置いて当て書きしたのではないかと思うぐらいに、二人のキャラクターにしっくり来る、よくできたストーリーでした。

    優等生で、ともすると「正義マン」になりがちな主人公の弥生の不器用な生き方。これなど、まさに波瑠さんのキャラクターそのものでしょう。

    そしてチャラさもどこか中途半端なら、誠実さも中途半端。サッカー部での活躍も中途半端な成田凌。

    青春時代。
    目の前に、ありとあらゆる可能性が開けていて、輝く未来に手が届きそうに思えていた時をスタートとして、「喪失」をテーマに、日々を描きます。

    選択肢が失われるのが早過ぎたサクラと、ゆっくり、ゆっくりと選択肢が失われ行く弥生と太郎。
    「選択肢の喪失」が大人になるということなのだとすると、大人になるとは、なんと残酷なことなんだろうと思わせるお話で、心に沁みる美しく哀しいシーンが山盛りのお話でした。

    いったい何十箇所でロケを行ったのやらと驚かされるほど膨大なシーンの積み重ねによって丁寧に手間を惜しまず描かれた、青春から初老までの長い時間の流れを、わずか2時間に圧縮したドラマで、彼と彼女が生きた、幸せとは言えなかった30年間を振りかえる、しみじみとしたお話でした。

    成田凌って、若いけど、ほんと名優だわと感心させられました。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2020/5/23

    【賛否両論チェック】
    賛:2人の激動の30年を「3月」だけで描くという手法が、新鮮かつ感動的。2人がそれぞれの人生に思い悩みながらも、それでも切れずに心のどこかで繋がっている姿が、切なくも温かい。
    否:時間軸はどうしても少し分かりにくい感がある。展開も結構予定調和なほか、ラブシーンもあり。

     どこまでも真っ直ぐなヒロイン・弥生と、底抜けに明るくてどこか脆い太郎。そんな2人の激動の30年を、果たして「3月」だけでどう描いていくのか、最初は少し不安でしたが、全くの杞憂でした。
     お互いに淡い恋心を抱きながらも、“親友の死”という十字架を背負い、別々の道を選んだ弥生と太郎。2人が時には絶望のどん底へ突き落とされ、時にはお互いを励まし合いながら、不思議と切れることなくどこかで繋がっている様子は、運命の儚さと同時に、愛おしさすら感じさせてくれるようです。夜行バスのシーンなんかは、現実にはなかなかあり得ないと分かってはいても、それでも切なすぎて胸が痛くなります。逆に結婚式のシーンなんかは、太郎の優しさがにじみ出ているようで、こちらもあり得ないと分かってはいてもグッと来ます。
     ラブシーンもあるので、デートで観るのには少し難があるかも知れませんが、一風変わったテイストの感動の物語ですので、是非ご覧になってみて下さい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2020/5/20

    30年という月日を3月だけで繋いだ物語は、斬新でした。想い合う二人がすれ違い結ばれずもどかしかったです。
    見ようと思ったきっかけは岡田健史さんのスクリーンデビュー作だったからです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    かつを

    4.0
    2020/4/6

    今日(4/6)に鑑賞してきました。
    コロナの影響で貸切状態で鑑賞できました。
    が、それがラッキーでした。

    後半 人目を気にせず涙できました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    かずねぇ

    2.0
    2020/4/1
  • rikoriko2255

    もっちゃん

    4.0
    2020/3/29

    浅さや薄さは否めないけど、観て良かった

    違反報告
  • rikoriko2255

    tomogon

    4.0
    2020/3/28

    切ない気持ち二なりました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    松浦

    5.0
    2020/3/28

    弥生が強く,優しい信念で行動し, 3.11による葛藤,慟哭をへて再起,回帰するラブストーリー。斬新。

    違反報告
  • rikoriko2255

    チャチャ

    5.0
    2020/3/27

    夢と現実は難しいけど、恋心には、いつも素直でいたいですね。後悔のないように。また、生きたくても生きられず、若くして病気で亡くなる人もいることを思うと、何気ない日々の生活でも、自分らしさを大切に悔いの無い時間を過ごしたいと、この映画を見て思いました。見る価値大です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ムーラン

    1.0
    2020/3/22

    私には感性が全く合わなかった。
    何故、きちんと時系列にしない?
    何故、エンドタイトル後に、余計なエピソードをいれ。
    あれで萎えた。
    そこまで二人をこじつける必要はあるのか?

    違反報告