デンジャー・クロース 極限着弾|MOVIE WALKER PRESS
MENU

デンジャー・クロース 極限着弾

2020年6月19日公開,118分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ベトナム戦争中の1966年に、オーストラリア軍と南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)軍が繰り広げた“ロングタンの戦い”を描く戦争映画。味方にも危険が及びかねない至近距離に砲弾を放つ“極限着弾”を要請するほど激化した戦いを映しだす。『殺し屋チャーリーと6人の悪党』のクリフ・ステンダーズがメガホンをとり、オーストラリア軍D中隊を率いるハリー・スミス少佐を『ウォークラフト』のトラヴィス・フィメルが演じる。

予告編・関連動画

デンジャー・クロース 極限着弾

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1966年8月18日未明、南ベトナムでベトコン部隊の急襲を受けたオーストラリア軍司令部。敵部隊の発射地点を突き止めるべく、スミス少佐率いるオーストラリア軍D中隊は偵察に向かうが、この部隊に属する徴集兵は若く経験も不足していた。やがて部隊はベトコン兵を目前に捉えるが、絶体絶命の窮地に追い込まれてしまう。そこで少佐は、味方をも危険にさらしかねない“極限着弾=デンジャー・クロース”を本部に要請する。

作品データ

原題
Danger Close The Battle of Longtan
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
オーストラリア
配給
彩プロ
上映時間
118分

[c]2019 TIMBOON PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND AND SCREEN AUSTRALIA [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.4
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2020/6/21

    【賛否両論チェック】
    賛:戦闘での主人公達の姿が等身大で描かれ、戦場の怖さや戦争の悲惨さがひしひしと伝わってくるよう。アクションも非常に生々しい。
    否:グロシーンがかなり多いので、苦手な人には向かない。登場人物も多く、関係性も分かりにくいほか、人物描写がやや浅い印象も受けてしまう。

     まずレーティングこそありませんが、戦争映画特有の殺害シーンや負傷シーン等、グロく感じてしまうシーンがかなり多いので、苦手な人には向かないと思います。
     歴史の闇に葬られてきたとされる実際の戦闘、「ロングタンの戦い」。突如その真っ只中へと放り込まれた者達の等身大の姿を通して、人間通しが殺し合う戦争の凄惨さが如実に伝わってくるようです。急に戦闘が始まったり、突然撃たれて命を落としたりと、戦場のリアルな描写には、思わず息つく暇もないほどです。アクションも勿論ド迫力なんですが、同時にかなりリアルで生々しくもあります。
     ただ難点をいうと、登場人物が多いので、それぞれの関係性を理解するのに時間がかかるのと、その割には1人1人の人間性の掘り下げが結構中途半端で、なかなか感情移入しづらいところでしょうか。
     内容的にも観る人を選びそうですが、重厚な世界観が光る作品でもありますので、アクションが好きな方は言うに及ばず、是非ご覧になってみて下さい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    すず

    4.0
    2020/6/20

    思ってたより、迫力に欠けた映像でした。しかし、これが実話なのには驚き

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    3.0
    2020/6/20

    ベトナム戦争に参加したオーストラリア軍が行った、1966年8月の「ロングタンの戦い」を描いた作品。
    南ベトナムの農園地帯・ロングタンでオーストラリア軍がたった108人で、南ベトナム解放民族戦線の2000人と対峙し、わずか18名の死者だけで退けたという本当にあった作戦。
    迫撃砲の自部隊への「至近着弾(デンジャー・クロース)」が、その作戦を可能にしたという史実を基に、無限ともいえるほど湧き出てくるベトコン相手に、ひたすら撃って撃って撃ちまくる(時々撃たれる)シーンだけの映画でした。

    シナリオはグダグタ。
    まさか令和の世に「中隊長、国に帰ったら俺、婚約者と結婚式を挙げるんですよ」ってセリフを聞くとは思いませんでした。
    上長(大隊長・准将)がクソ野郎とか、テンプレのあらし。
    映画としては正直面白くありません。
    ただ、ミリタリー系映画好きとしては、戦闘シーンを丁寧に描いているだけで、多少採点は甘目に。

    エンディングで、演じた役者と実際の兵士の写真を並べて見せるのですが、近年稀に見る、まったく似てない感がすごかったです。

    違反報告