恋する寄生虫|MOVIE WALKER PRESS
MENU
恋する寄生虫

恋する寄生虫

2021年11月12日公開,100分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

三秋縋によるヒット小説を原案とするラブストーリー。世界の終わりを願う孤独な男女を主人公にせつない恋の物語を描く。『私をくいとめて』の林遣都と『ムーンライト・シャドウ』の小松菜奈が主演を務めるほか、井浦新、石橋凌らが共演。『スリーピングフラワー』の柿本ケンサク監督がメガホンをとり、脚本を『トワイライト ささらさや』の山室有紀子が手がける。

東京でのロケ撮影の裏側に迫る!「東京ロケーションボックス」特集

PR

映画やドラマのロケ撮影を支える組織「東京ロケーションボックス」について、 実際に支援した作品や撮影時の裏話、ロケ地の情報などをご紹介!

切なくも美しい“恋×虫”の世界『恋する寄生虫』特集

林遣都&小松菜奈のW主演のラブストーリー『恋する寄生虫』。“潔癖症”と“視線恐怖症”という悩みを抱えた孤独な男女が織り成す物語の、切なくも美しい世界観を堪能できるインタビューやコラムをお届け! PR

林遣都&小松菜奈のW主演のラブストーリー『恋する寄生虫』。“潔癖症”と“視線恐怖症”という悩みを抱えた孤独な男女が織り成す物語の、切なくも美しい世界観を堪能できるインタビューやコラムをお届け!

フォトギャラリー

恋する寄生虫 画像1
恋する寄生虫 画像2
恋する寄生虫 画像3
恋する寄生虫 画像4
恋する寄生虫 画像5
恋する寄生虫 画像6

予告編・関連動画

恋する寄生虫

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

極度の潔癖症のため人と関わることができない青年、高坂賢吾。彼はある日、見知らぬ男から、視線恐怖症で不登校になっている高校生、佐薙ひじりと友人になり、面倒を見るよう依頼を受ける。はじめは佐薙の露悪的な態度に辟易していた高坂だったが、やがて彼女のその行動が自分の弱さを隠すための行為であったと気付き少しずつ共感を抱くようになる。そして孤独だったふたりはしだいに惹かれ合い、恋に落ちていく。

作品データ

映倫区分
G
製作国
日本
配給
KADOKAWA
上映時間
100分

[c]2021「恋する寄生虫」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

  • かな
    かな
    -
    1ヶ月前

    ああ、こんな恋もあるんだ!
    すごく新鮮な切り口で、2人がどうなっていくのか、ぐいぐい引き込まれて最後まで観られました
    ただ、気になったのが、何故彼女のことをいろいろお世話というか、気にするようになった理由

    脅迫されて、と言うことでしたが、いつ、どうやってその流れになったのか、よく理解できなかった

    違反報告
  • ちぃ
    ちぃ
    3.7
    1ヶ月前

    綺麗な雰囲気と独特の気持ち悪さが紙一重の映画。目黒寄生虫館とコラボしてる映画なので虫が出てきたらヤダなーと思ってたけど、結果的には素敵なラブストーリーでした。
    林遣都も小松菜奈もクセが強い役が似合うなーとつくづく思う。あと、個人的には映画で使われてる曲のチョイスもステキでした!ラストシーンも豪華で圧巻です!でも、前半は嘔吐シーン多めなので、ご注意を。

    違反報告
  • ちゅに
    ちゅに
    3.0
    1ヶ月前

    幼い時に両親が自殺し、潔癖症を抱えながらも一人で生きてきた主人公。ある日、ある人物から50万円で2ヶ月間、ある娘を預かるよう依頼され引き受けることに。娘と一緒に生活するうちにお互いが惹かれ合うようになっていくラブストーリー。人間の好みや嗜好、一見すると精神疾患と思われるような行動の全ては人間に寄生する寄生虫の影響によるものという、独特で大胆な着想に基づく物語の展開はとてもユニーク。例えば、寄生虫を神と置き替えて見ると、人間の言動を司るのは全て神の意思となり、西欧的なキリスト教的思想に通じていくところが興味深い。人間の行為は人間の自由意志に基づくものか、あるいは神の意思に基づくものなのか。ヨーロッパでは長年にわたり神学論争が続いる。本作に隠されているメッセージを新たにキリスト教的な視点で捉え直してみるのも面白い。

    違反報告
  • としや
    としや
    5.0
    2ヶ月前

    不思議な感覚を持った映画でした。こんな恋愛の形もあってもいいのかなと思いました。本当にいい映画でした。

    違反報告
  • 飛ばない鳥
    飛ばない鳥
    2.8
    2ヶ月前

    何を伝えたかったのか、、、

    違反報告
  • たるたるご
    たるたるご
    3.0
    2ヶ月前

    恋愛映画と一括りには出来ない、不思議な浮遊感のある作品でした。漂うように朧げに鑑賞するものもたまにはよいですね。
    それにしてもあの遊園地や来春閉館が決まったあの施設など、既にノスタルジーすら感じ、本作が2021年の今、公開されることの意味を考えてしまいました。

    違反報告