名も無き世界のエンドロール|MOVIE WALKER PRESS
MENU

名も無き世界のエンドロール

2021年1月29日公開,101分

小説すばる新人賞を受賞した行成薫による同名小説を「累 かさね」の佐藤祐市監督が映画化。強い絆で結ばれた幼馴染みのキダとマコト。2人は10年もの歳月をかけて、表と裏それぞれの社会でのし上がり、ある女性に近づきプロポーズをしようとするのだが……。出演は「AI崩壊」の岩田剛典、「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑。

予告編・関連動画

名も無き世界のエンドロール

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

複雑な家庭環境で育ち、お互いに寂しさを抱えて生きてきた幼馴染みのキダ(岩田剛典)とマコト(新田真剣佑)。そこに同じ境遇の転校生・ヨッチも加わり、3人は支え合いながら家族よりも大切な仲間となっていく。だが、彼らが20歳の時に起きたある事件をきっかけに、ヨッチは2人の前から突如姿を消してしまう。そんなある日、キダとマコトのもとに、政治家令嬢であり芸能界でも活躍するトップモデルのリサが現れる。リサに異常な興味を持ったマコトは、食事に誘うが全く相手にされない。住む世界が違うから諦めろと忠告するキダだったが、マコトは仕事を辞めて忽然といなくなってしまう……。2年後。マコトを捜すために裏社会にまで潜り込んだキダは、ようやくマコトとの再会を果たす。マコトは、リサにふさわしい男になるため、死に物狂いで金を稼いでいたという。マコトの執念とその理由を知ったキダは、親友のため命をかけて協力することを誓うのだった。それ以来、キダは“交渉屋”として、マコトは“会社経営者”として、裏と表の社会でのし上がっていく。そして、あるクリスマス・イブの夜。マコトはキダの力を借りてプロポーズを決行しようとするが、実はそれは10年もの歳月を費やして2人が企てた、日本中を巻き込む壮大な計画であった……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
日本
配給
エイベックス・ピクチャーズ
上映時間
101分

[c]行成薫/集英社[c]映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • Movie Walkerユーザー

    3
    1ヶ月前

    全国314館でライブビューイング
    司会:伊藤さとりさん
    岩田剛典 さん 新田真剣佑 さん
    山田杏奈 さん 中村アン さん
    佐藤祐市監督 ご登壇
    (監督を除く)皆さんとてもスタイリッシュ✨
    質問もあったがフリートーク多めで面白かった

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • nagagutu_happy7

    5
    1ヶ月前

    ストーリーや話の展開的にはなかなか良かったと思う。
    私的には全体を通して楽しめた。
    ラスト20分の真実。、、までのあらすじが非常に上手くできている!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ソウルブラザーNO1

    3
    1ヶ月前

    そうゆうこと............................................

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告