ドライブ・マイ・カー:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ドライブ・マイ・カー

ドライブ・マイ・カー

2021年8月20日公開,179分
PG12
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

村上春樹が2013年に発表した短篇小説に、カンヌ・ヴェネチア・ベルリンをはじめ国際映画祭で高い評価を得た濱口竜介が挑む意欲作。舞台俳優の主人公・家福(かふく)に西島秀俊、ヒロインのみさき役に三浦透子を迎え、愛と喪失、希望の物語が紡がれる。濱口竜介は東京藝術大学大学院映像研究科で黒沢清に師事し、修了制作作品「PASSION」が2008年・第56回サンセバスチャン国際映画祭で注目を浴びた。その後、「ハッピーアワー」が2015年・第68回ロカルノ国際映画祭最優秀女優賞を受賞。2018年の商業映画デビュー作「寝ても覚めても」はカンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品。さらに2020年、脚本を担当した黒沢清監督「スパイの妻<劇場版>」がヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)に輝く。また、監督作「偶然と想像」は2021年・第71回ベルリン国際映画祭銀獅子賞(審査員グランプリ)を受賞するなど、いま世界中から注目を集めている逸材だ。今回、濱口竜介と初タッグを組む西島秀俊は、2005年に市川準が監督した「トニ―滝谷」でナレーションを担当し、村上春樹作品を経験済み。濱口の師匠筋にあたる黒沢清監督の「ニンゲン合格」(98)や「クリーピー 偽りの隣人」(16)で主演を務めたこのベテラン俳優を濱口がいかに演出するのか期待が高まる。一方、ヒロインの三浦透子は「ロマンスドール」「おらおらでひとりいぐも」の演技に加えて、「天気の子」の主題歌を歌ったことで人気急上昇中の女優・アーティスト。本作では、主人公の愛車を運転する、寡黙でありながら芯のあるドライバーみさきを演じている。さらに、物語を大きく動かすキーパーソンの俳優・高槻役には、「Arc アーク」など公開作が目白押しの岡田将生、秘密を抱えたままこの世を去る家福の妻・音役を、村上春樹の長篇の映画化「ノルウェイの森」の霧島れいかが演じている。2021年第95回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、助演女優賞(三浦透子)、読者選出日本映画監督賞受賞。

第94回アカデミー賞特集

第94回アカデミー賞特集

日本時間3月28日(現地時間3月27日)に実施される第94回アカデミー賞の授賞式に向け、MOVIE WALKER PRESSがお届けする「アカデミー賞特集」。 ノミネート作品リストはもちろん、今年の注目ポイントやアカデミー賞関連のニュースやコラムをたっぷりお届け!

予告編・関連動画

ドライブ・マイ・カー

予告編

2021/7/16(金)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

舞台俳優・演出家の家福悠介は、脚本家の妻・音と満ち足りた日々を送っていた。しかし、妻がある秘密を残したまま突然この世を去ってしまう。2年後、演劇祭で演出を任されることになった家福は愛車のサーブで広島へと向かう。そこで出会ったのは、寡黙な専属ドライバーみさきだった。喪失感を抱えたまま生きる家福は、みさきと過ごすうちに、それまで目を背けていたあることに気づかされていく。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2021年
製作国
日本
配給
ビターズ・エンド
上映時間
179分
製作会社
『ドライブ・マイ・カー』製作委員会(カルチュア・エンタテインメント=ビターズ・エンド=ねこじゃもし=クオクス=日本出版販売=文藝春秋=レスパスビジョン=C&Iエンタテインメント=朝日新聞社)(製作幹事:カルチュア・エンタテインメント=ビターズ・エンド/制作プロダクション:C&I エンタテインメント)

[c]2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1 /143件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?