ビリー・アイリッシュ 世界は少しぼやけている|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ビリー・アイリッシュ 世界は少しぼやけている

2021年6月25日公開,140分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2019年のデビューアルバム「WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?」が英米を含む全世界18ヶ国で1位を獲得し、北米では過去10年間で最高のデビュー作品となったアーティスト、ビリー・アイリッシュ。2001年生まれの19歳である彼女の素顔に迫ったドキュメンタリー映画。監督は、アメリカのテレビ、映画製作者で『ファッションが教えてくれること』でメガホンをとったR・J・カトラー。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ベッドルームで一人音楽を作る若者は、いかにして数十億回の楽曲ストリーミング、1億人以上のフォロワーを誇るアーティストへとなっていったのか。ごく普通の少女だったころのビリーから、スターとなり成功という重圧と戦うビリーへ。幼少期から、レコーディング、デビュー時の映像まで様々な姿を収録。彼女を支えた家族との絆、精神的な成長など、いまや若者のアイコンとなったビリー・アイリッシュの素顔に迫る。

作品データ

原題
Billie Eilish: The World's a Little Blurry
映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
アメリカ
配給
シンカ
上映時間
140分

[c]2021 Apple Original Films [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.9
  • rikoriko2255

    アリンコまん

    3.5
    23日前

    彼女は、人を惹きつける力強さと冷静さを持ち合わせているシンガーだ。

    今のアーティストの楽曲は、プロデューサーが何人かいて、1つの楽曲を制作しているらしいけど、ビリーアイリッシュは、兄と2人で実家の部屋で楽曲制作して、録音している。

    だからこそ、自分たちで音の形や色を決められて、自分たちのやり方で楽曲を制作出来る。

    彼女は、自分の指針を明確に持ったシンガーだ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告