猫は逃げた:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
猫は逃げた
3.7

猫は逃げた

2022年3月18日公開、110分、恋愛
R15+
  • 上映館を探す
  • みたい
    364
  • みた
    118
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「愛がなんだ」「街の上で」の今泉力哉と「性の劇薬」「アルプススタンドのはしの方」の城定秀夫が互いの脚本を演出しあう“L/R15(エルアールジュウゴ)”企画の一本。飼い猫をどちらが引き取るかで揉める離婚直前の夫婦とそれぞれの浮気相手たちが繰り広げる恋愛狂騒劇。主人公の漫画家の町田亜子をモデル・アーティストとして活躍する山本奈衣瑠、亜子の夫で週刊誌記者の広重に「ケンとカズ」以来、快進撃が続く毎熊克哉。広重の同僚で浮気相手の真実子に「愛のくだらない」の新星・手島実優。亜子の相手で担当編集者の松山に「ミュジコフィリア」の井之脇海など、旬の俳優が共演している。

配信で観る

ストーリー

レディスコミックでエロティックな漫画を描いている町田亜子(山本奈衣瑠)と、作家志望だったが結婚を機に週刊誌記者の仕事に就いた広重(毎熊克哉)は今や離婚間近の夫婦。広重が同僚の真実子(手島実優)と浮気したことを告白したせいで、亜子は編集者の松山(井之脇海)と体の関係を持ってしまう。夫婦関係は冷え切っていたが、亜子から差し出された離婚届に、広重は飼い猫カンタの親権を持ち出して決断を先延ばしにする。一方、広重のそんな煮え切らない態度に真実子のイライラは増すばかり。ある日、亜子が松山と自宅で体を重ねている間に、カンタが家からいなくなってしまう。亜子はカンタの散歩コースの河原を夜中まで必死で捜し歩く。その姿に広重も罪の意識が増していくが……。

予告編・関連動画

猫は逃げた

予告編

2021/12/17(金)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2021年
製作国
日本
配給
SPOTTED PRODUCTIONS
初公開日
2022年3月18日
上映時間
110分
製作会社
2021『猫は逃げた』フィルムパートナーズ(製作幹事:東映ビデオ/制作プロダクション:レオーネ)
ジャンル
恋愛

[c]2021『猫は逃げた』フィルムパートナーズ
[c]キネマ旬報社