夕方のおともだち:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
夕方のおともだち

夕方のおともだち

2022年2月4日公開,115分
R18+
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「あさってDANCE」「レッド」など過激な描写とメッセージ性の強い作品で熱狂的なファンを獲得する漫画家・山本直樹の伝説的漫画を廣木隆一監督が実写映画化。SMの女王様とドM男が繰り広げる、崇高で郷愁漂う不思議な愛のカタチのヒューマンラブストーリー。ドM男ヨシダヨシオ役に「L'amant ラマン」をはじめ廣木組には欠かせない村上淳。女王様ミホ役に「赤い雪 Red Snow」の演技が高く評価された菜葉菜。肉体的には刺激的なSMプレイで結ばれながらも、自由な精神を謳歌するアンビバレンツな男と女。予想外のラストに待つのは男女の性別を超えた“癒しと愛”。そこに見える未来への希望が不確かで不安定な現代に生きる者へのエールとなっている。

予告編・関連動画

夕方のおともだち

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ヨシダヨシオは、寝たきりの母親と暮らし、市の水道局に勤める一見、真面目な男。その一方で、筋金入りの“ドM”な一面を持っていて、夜な夜な街で唯一のSMクラブへ通っては、“女王様”ミホからお仕置きを受けていた。だが、このところ、なぜかプレイに身が入らない。理由はヨシオにもわかっていた。自分をこの世界に目覚めさせ、突然姿を消した“伝説の女王様”ユキ子が忘れられず、いつもどこかで彼女の残像を追いかけているからだ。そんなある日、明るい太陽のもと、ミホと釣りに出かけたヨシオは、思いがけない場所でユキ子を見かける。ミホを置き去りにして必死に追いかけるヨシオ。その、たどり着いた果てにあるものとは……。

作品データ

映倫区分
R18+
製作年
2021年
製作国
日本
配給
彩プロ
上映時間
115分
製作会社
クイーンズカンパニー=ティー・アーティスト=ディケイド(制作:ザフール)

©2021「夕方のおともだち」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?